2010年04月25日の書評一覧

1Q84 BOOK3 [著]村上春樹

1Q84 BOOK3 [著]村上春樹

■仮想化に抵抗する両義的な身体 『1Q84 BOOK1・2』から1年、待望の続編『BOOK3』が出版された。 すでに発行部数90万部。発売日の午前零時に店頭に行列ができる小説は、いまや『1Q84………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]文芸 

インターネット新世代 [著]村井純/ネットの炎上力 [著]蜷川真夫

インターネット新世代 [著]村井純/ネットの炎上力 [著]蜷川真夫

■使いこなすために経験の蓄積を インターネットに関する総論(村井書)と各論(蜷川書)を読み進むうちになんどか「疎外」という語を思いだした。F・パッペンハイムの『近代人の疎外』(一九五九)にある「………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会 新書 

現代中国女工哀史 [著]レスリー・T・チャン

現代中国女工哀史 [著]レスリー・T・チャン

■したたかに個人の幸福追求する姿 世界の工場と言われる、中国。膨大な数の労働者の多くは、地方の農村から工業地帯へと出稼ぎに来ている若者たちです。その7割が女性と言われており、中国系のアメリカ人女………[もっと読む]

[評者]酒井順子(エッセイスト)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 国際 

日本政治思想史 十七〜十九世紀 [著]渡辺浩

日本政治思想史 十七〜十九世紀 [著]渡辺浩

■江戸〜明治維新の思想、鮮やかに 書名からは専門的な学術書のように思えるだろうが、全然違う。著者も述べるように、専門知識を前提にしない一般向きに書かれた概説書である。というと今度は、無味乾燥な教………[もっと読む]

[評者]奥泉光(作家)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]歴史 政治 人文 

天国は水割りの味がする 東京スナック魅酒乱 [著]都築響一

天国は水割りの味がする 東京スナック魅酒乱 [著]都築響一

■飲み歩いて聞き出す人生万華鏡 住んでいる町の駅裏に白い木の扉のスナック「LOVE」がある。もう三十年以上通りかかっているのに、いまだに気圧(けお)される。扉の向こうにめくるめく人生劇場が展開し………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝 

会津という神話 〈二つの戦後〉をめぐる〈死者の政治学〉 [著]田中悟

会津という神話 〈二つの戦後〉をめぐる〈死者の政治学〉 [著]田中悟

■呼び戻された「悲劇」の死者 「いまだに長州への怨念(おんねん)を抱いている」 お酒の席でそんな思いを吐露する会津の人と、私はこれまで何度も出会ってきた。幕末の戊辰戦争で長州軍にさんざん痛めつけ………[もっと読む]

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]歴史 人文 

祖国と母国とフットボール ザイニチ・サッカー・アイデンティティ [著]慎武宏

祖国と母国とフットボール ザイニチ・サッカー・アイデンティティ [著]慎武宏

■「在日」サッカー選手の心情に肉薄 1960年代末期、関西の超弱小高校サッカー部員のこの身ですら、朝鮮高級学校チームが恐ろしく強いと知っていた。ただ、それは噂(うわさ)で。当時彼らは公式戦には参………[もっと読む]

[評者]四ノ原恒憲(朝日新聞記者)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 国際 

とらわれない言葉 [編]アンディ・ウォーホル美術財団

とらわれない言葉 [編]アンディ・ウォーホル美術財団

■矛盾の塊「すべてウソ」語録 「私を知りたきゃ私の絵の表面を見ればいい、裏には何もない」。アンディ・ウォーホルの有名な言葉だ。つべこべ理屈をこく前に、包み隠さず自分の全(すべ)てを吐き出した絵を………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2010年04月25日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ