2010年06月27日の書評一覧

ホームズ聖地巡礼の旅 [著]平賀三郎

ホームズ聖地巡礼の旅 [著]平賀三郎

■事件の現場訪れ楽しむ大人の遊び ニッポンへ行ってきただろうって? あのそそっかしいメードはクビにしたのに、君はなぜそんなことがわかるんだい。観察しただけだって? そう、君はいつでも「見る」ので………[もっと読む]

[評者]田中貴子(甲南大学教授)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]文芸 

桃色東京塔 [著]柴田よしき 

桃色東京塔 [著]柴田よしき 

■刑事の男と女、自己再生の物語 一般に、警察小説といえば男性作家を想起するが、実は女性作家にも書き手はいる。本書の著者も、その一人である。 この連作短編集の強みは、2人の男女の心象風景の違いを、………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]文芸 

六〇年安保 メディアにあらわれたイメージ闘争 [著]大井浩一

六〇年安保 メディアにあらわれたイメージ闘争 [著]大井浩一

■史実から次代の暴力を読み取る 六〇年安保を歴史の中に位置づけるとどうなるのか。安保世代には興味のあるテーマだ。著者は一九六二年生まれというから、皮膚感覚を離れてその位置づけを試みる資格を有して………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]歴史 社会 

大気を変える錬金術ーハーバー、ボッシュと化学の世紀 [著]トーマス・ヘイガー

大気を変える錬金術ーハーバー、ボッシュと化学の世紀 [著]トーマス・ヘイガー

■生命を育み破壊する窒素の物語 大気の8割を占める、ありふれた窒素の知られざる顔——。窒素を利用する画期的な方法を開発した2人のドイツ人化学者の苦闘を描いた本書は、文明史に深くかかわる窒素という………[もっと読む]

[評者]辻篤子(本社論説委員)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]科学・生物 ノンフィクション・評伝 

いまも、君を想う 川本三郎著

いまも、君を想う 川本三郎著

■妻への追慕、端然とせつせつと 慎みぶかい追想記である。 追慕の情とともに、ひそやかであること、ささやかなることをみずからの筆致に求める気配がある。そこにわたしは先立たれた身としての慎みのありよ………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]文芸 

私の日本語雑記 [著]中井久夫

私の日本語雑記 [著]中井久夫

■IT社会の影響憂い“言語多様性”を擁護 著者は「風景構成法」の開発や統合失調症の「寛解過程」の研究、震災体験を契機としたPTSDの研究などで知られる精神科医である。 私を含むある世代以上の精神………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]文芸 

ミーツへの道ー「街的雑誌」の時代 [著]江弘毅

ミーツへの道ー「街的雑誌」の時代 [著]江弘毅

■情報でなく街と店への思い載せて 関西に「ミーツ・リージョナル」(以下「ミーツ」)という面白い雑誌がある、大阪や京都に行くなら「ミーツ」別冊を読むべし、という話を聞いたのは、八年ほど前のこと。京………[もっと読む]

[評者]酒井順子(エッセイスト)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 

ビッグイシューの挑戦 [著]佐野章二

ビッグイシューの挑戦 [著]佐野章二

■ホームレスと社会、絆つなぐ7年 「ビッグイシュー」という雑誌をご存じだろうか。これは、ホームレスが路上で販売する雑誌で、書店では販売していない。 定価は300円。うち160円が、販売者の利益に………[もっと読む]

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)
[掲載]2010年06月27日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ