2011年03月20日の書評一覧

テレビは総理を殺したか [著]菊池正史

テレビは総理を殺したか [著]菊池正史

■視聴率競争に巻き込まれた政治 本書に巻かれた帯が衝撃的だ。小泉純一郎元首相から菅直人首相まで6人の首相の顔写真が並び、そこに彼らの寿命(在任期間)が表示されている。小泉氏の5年5カ月を筆頭に、………[もっと読む]

[評者]江上剛(作家)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]歴史 政治 新書 

話の終わり [著]リディア・デイヴィス

話の終わり [著]リディア・デイヴィス

■感情の記憶の堆積、恋情の地層 なんとも不思議な恋愛譚(たん)だ。恋の甘やかさよりは退屈さやしんどさに描写の比重が置かれ、恋人が去ってからの思いや後日談が物語の大半を占めている。 著者のリディア………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]文芸 

正岡子規―言葉と生きる [著]坪内稔典

正岡子規―言葉と生きる [著]坪内稔典

■様々な顔持った「表現者」の生涯 「子規」「不如帰」「時鳥」「杜鵑」「蜀魂」「杜宇」……。日本語で詩を作るアメリカ生まれのアーサー・ビナードさんは、これらすべてを「ホトトギス」と読む日本語表現の………[もっと読む]

[評者]四ノ原恒憲(朝日新聞記者)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝 新書 

TOKYOオリンピック物語 [著]野地秩嘉 

TOKYOオリンピック物語 [著]野地秩嘉 

■喪失からの回復、晴れやかに 敗戦がもたらした焼け野原。失うものはなにもなかった。まるはだかの喪失をこそ回復の原動力に変えてきたのが、わたしたち日本人ではなかったか。 東京オリンピックを成功に導………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

こちらあみ子 [著]今村夏子 

こちらあみ子 [著]今村夏子 

■“ありえない”の塊のような女の子 主人公のあみ子には前歯が3本無い。ありえない、と思う。だって、21世紀の日本女性は脱毛処理が不完全なだけでNGなんでしょう。あみ子は10年近く片思いをしている………[もっと読む]

[評者]穂村弘(歌人)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]文芸 

忘れられた花園<上・下> [著]ケイト・モートン

忘れられた花園<上・下> [著]ケイト・モートン

■古典を本歌取り、語りのモザイク 「秘密」が人間を興味深いものにする。英国南西部の海沿いに立つ壮大な領主の屋敷(マナーハウス)。ここには人知れず壁で囲われた庭園があった——謎めいたゴシック風の舞………[もっと読む]

[評者]鴻巣友季子(翻訳家、エッセイスト)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]文芸 

不可能、不確定、不完全―「できない」を証明する数学の力 [著]ジェイムズ・D・スタイン

不可能、不確定、不完全―「できない」を証明する数学の力 [著]ジェイムズ・D・スタイン

■数学の枠広げる、難問にかける夢 「偉大な問題はえてして説明するのがわりと簡単で、解くのが難しい」と本書にあるが、実にそれゆえに、人は数学にドキドキする。たとえば、4以上の偶数は二個の素数の和で………[もっと読む]

[評者]高村薫(作家)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]科学・生物 

ジョゼフ・コーネル―箱の中のユートピア [著]デボラ・ソロモン

ジョゼフ・コーネル―箱の中のユートピア [著]デボラ・ソロモン

■成功が苦悩だった禁欲の人生 日頃から伝記を愛読する僕が伝記を読み耽(ふけ)るジョゼフ・コーネルの伝記を読んだ。芸術家の伝記が面白いのは、周囲の人間たちが魅了されるあまり人生が壊されていくからだ………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ