2011年09月25日の書評一覧

評伝 ジョージ・ケナン―対ソ「封じ込め」の提唱者 [著]ジョン・ルカーチ

評伝 ジョージ・ケナン―対ソ「封じ込め」の提唱者 [著]ジョン・ルカーチ

■孤立・誤解を超え、示す外交の本質 「対ソ封じ込め」政策を主導し、東西冷戦を演出した外交官。ジョージ・ケナンには、一貫してそうしたレッテルが貼られてきた。ところが1952年に刊行されたケナンの『………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]政治 ノンフィクション・評伝 国際 

〈私〉だけの神―平和と暴力のはざまにある宗教 [著]ウルリッヒ・ベック

〈私〉だけの神―平和と暴力のはざまにある宗教 [著]ウルリッヒ・ベック

■異なる信仰、いかに共存するか 世界を震撼(しんかん)させた同時多発テロから十年。世界は一向に平和になったように見えない。つい最近も、右翼思想の青年がノルウェーでテロ事件を起こしたばかりだ。グロ………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]人文 社会 

いまファンタジーにできること [著]アーシュラ・K・ル=グウィン

いまファンタジーにできること [著]アーシュラ・K・ル=グウィン

■真偽の見え方、美醜の基準示す ヒトはサルの幼形成熟(ネオテニー)として進化した。そんな魅力的な仮説がある。子供時代が延長され、子供の特徴・特性を残したままゆっくり成長する。すると好奇心に満ち、………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]教育 人文 科学・生物 

文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子 [著]酒井伸雄

文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子 [著]酒井伸雄

■身近な物たちの偉大な「素顔」 「文明を変えた植物たち」とあって、開けば、ジャガイモから、ゴム、チョコレート、トウガラシ、タバコ、トウモロコシの6章に解説の終章をプラスした編成になっている。どれ………[もっと読む]

[評者]楊逸(作家)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]科学・生物 新書 

峠うどん物語 上・下 [著]重松清

峠うどん物語 上・下 [著]重松清

■死者と出会い、生に向き合う 震災後、様々な言葉が紡がれた。復興へのヴィジョン、原発批判、被災地のルポ……。 その言葉の渦のなかで、最も取り残されたのは、震災で大切な人を亡くした人たちだったので………[もっと読む]

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]人文 社会 

ツナミの小形而上学 [著]ジャン・ピエール・デュピュイ

ツナミの小形而上学 [著]ジャン・ピエール・デュピュイ

■技術とシステムがもたらす災禍 本書の著者デュピュイによれば、戦後広島と長崎を訪れた哲学者ギュンター・アンダースは、爆撃生存者の証言に驚いたという。彼らは原爆を投下した相手を恨まず「災禍を自然災………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]社会 

旅するウナギ―1億年の時空をこえて [著]黒木真理、塚本勝巳

旅するウナギ―1億年の時空をこえて [著]黒木真理、塚本勝巳

■どこでどのように生まれるのか おなじみなのに、謎に包まれている。ウナギは、そんな生き物の代表格に違いない。 卵を持った親も生まれたばかりの子どもも見当たらない。どこでどう生まれるのか。紀元前4………[もっと読む]

[評者]辻篤子(本社論説委員)
[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]科学・生物 

盆踊り―乱交の民俗学 [著]下川耿史

盆踊り―乱交の民俗学 [著]下川耿史

 伝統行事を「性的共感」から見直そうとした異色作。著者は風俗史家で、とりわけ性にまつわる本を数多く書いてきた。従来の民俗学は性のテーマを真っ向から取り上げておらず「祖霊信仰や農耕儀礼などの問題に………[もっと読む]

[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]人文 社会 

緑の毒 [著]桐野夏生

緑の毒 [著]桐野夏生

 妻と2人で暮らす39歳の開業医・川辺康之は、希少価値が高いスニーカーなどブランドものを、こよなく愛する男だ。ところが、裏の顔は連続レイプ犯。医者の立場を利用して手に入れた薬品で女性たちを眠らせ………[もっと読む]

[掲載]2011年09月25日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ