2011年10月23日の書評一覧

ベルリン 地下都市の歴史 [著]D&I・アルノルト+F・ザルム

ベルリン 地下都市の歴史 [著]D&I・アルノルト+F・ザルム

■出口なきトンネル、迷走の過去ゆえに 東京スカイツリーの工事の進捗(しんちょく)状況が話題になっているが、目につきやすい高層化の一方で、大都市が地下に向けても発展を続けているのは周知の事実だろう………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]歴史 社会 

〈起業〉という幻想―アメリカン・ドリームの現実 [著]スコット・A・シェーン

〈起業〉という幻想―アメリカン・ドリームの現実 [著]スコット・A・シェーン

■安易な「夢」にデータで冷や水 近年のアップル社の成功で、日本版ジョブズ待望論や、景気回復には起業による創造的破壊が必須、といった物言いをあちこちで目にする。そしてアメリカは起業に有利な環境だか………[もっと読む]

[評者]山形浩生(評論家)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]経済 社会 

日本経済の底力―臥龍が目覚めるとき [著]戸堂康之

日本経済の底力―臥龍が目覚めるとき [著]戸堂康之

■東北復興のために何が必要か 本書は経済発展論、あるいは産業集積に関する空間経済学の成果を踏まえて、日本経済、および東日本大震災後の東北地方の問題点と可能性に迫った力作である。 経済発展の源泉は………[もっと読む]

[評者]植田和男(東京大学教授)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]経済 新書 

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [著]ジョナサン・サフラン・フォア

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [著]ジョナサン・サフラン・フォア

■“自分の言葉”を取り戻す冒険 キングとホーキング。二人のスティーヴンの間に現実(リアル)はある。なんぞ? つまり「空想」と「科学」の間、ということだ。 ニューヨークに母と暮らす九歳の少年・オス………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]文芸 

ディアスポラ [著]勝谷誠彦

ディアスポラ [著]勝谷誠彦

■予言、そして民族の意味問う書 この物語の通奏低音には、私たちの五感をたえず逆撫(な)でするものが流れている。鼻をつく排泄(はいせつ)物の臭気。薄い酸素。冷えた空気。肌を焼く紫外線。腐敗物にまみ………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]文芸 社会 

チャイナドレスの文化史 [著]謝黎

チャイナドレスの文化史 [著]謝黎

■懐旧ブームで復活遂げるまで チャイナドレスは中国語で「旗袍(チーパオ)」という。外国では中国の伝統服とされてきたが、「旗」は八旗の意で、それに「長い服」を表す「袍」と合わせ、清王朝の支配階級(………[もっと読む]

[評者]楊逸(作家)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]歴史 アート・ファッション・芸能 

あの時、ぼくらは13歳だった [著]寒河江正、羅逸星

あの時、ぼくらは13歳だった [著]寒河江正、羅逸星

■日韓交流の真の立脚点を示す 日本帝国主義下の朝鮮で、1945年の4カ月半、中学生として共に机を並べた日本人と韓国人。41年ぶりの再会後、二人の間で忌憚(きたん)のない会話を交わし続けた。それが………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]社会 

春を恨んだりはしない―震災をめぐって考えたこと  [著]池澤夏樹

春を恨んだりはしない―震災をめぐって考えたこと  [著]池澤夏樹

■全身で受け止めた被災の全体像 震災をめぐる思索の書である。作家は女川、大船渡、陸前高田などに足を運ぶ。被災者を診た医師、夫を亡くした理髪店の母子などに会い、耳を傾ける。大勢の遺体が打ち上がった………[もっと読む]

[評者]後藤正治(ノンフィクション作家)
[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]社会 

宮台教授の就活原論 [著]宮台真司

宮台教授の就活原論 [著]宮台真司

 就活=就職活動は学生にとって、いまや大学入試以上の難事業かもしれない。社会学者で首都大学東京教授の著者は以前、大学の就職支援委員会委員長としてこの問題に取り組んだ。その経験から、学生と企業の双………[もっと読む]

[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]社会 

田中角栄と自民党政治―列島改造への道 [著]下村太一

田中角栄と自民党政治―列島改造への道 [著]下村太一

 これまで十分に検討されてこなかった佐藤栄作内閣期の田中角栄の動きを追った。浮かび上がってきたのは、高度成長で生じた政策課題に様々なシンボルを打ち出し、新しい政治家として自らを演出する姿だ。 土………[もっと読む]

[掲載]2011年10月23日
[ジャンル]政治 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ