2012年02月26日の書評一覧

日中百年の群像 革命いまだ成らず 上・下 [著]譚ロ美

日中百年の群像 革命いまだ成らず 上・下 [著]譚ロ美

■大動乱の主役たち、己の人生を投じる 日清戦争に敗れ、老大国・清は末期へと向かった。広州で武装蜂起を企てた若き革命家が孫文である。失敗を重ねつつ、辛亥革命から中華民国成立にこぎ着ける。本書は、明………[もっと読む]

[評者]後藤正治(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

検事の本懐 [著]柚月裕子

検事の本懐 [著]柚月裕子

■検察官の本来あるべき姿を活写 昨今、相次ぐ不祥事の発覚から、検察の世界を舞台にした小説、ルポが増えてきた。従来、絶対的正義の実現を標榜(ひょうぼう)し、ある意味で聖域化していたこの組織に、ほこ………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]文芸 

怪談 [著]柳広司

怪談 [著]柳広司

■八雲の名作が現代ミステリーに 紀伊国屋書店でおもしろそうな本を物色した後、私は急に空腹を覚えてすぐそばの急な坂を上がった。この辺は夜になると真っ暗になるので避けているが、まだ夕暮れには遠い。坂………[もっと読む]

[評者]田中貴子(甲南大学教授)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]歴史 文芸 

ポルノグラファー [著]ジョン・マクガハン

ポルノグラファー [著]ジョン・マクガハン

■ねじれたモラルからの解放と成長 “僕”はこれといって取りえのない、30歳のポルノ小説家。アイルランドの首都ダブリンに住んでいる。早くに両親を亡くし、伯父と伯母に育てられた。気丈な伯母は癌(がん………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]文芸 

芸術家の家 作品の生まれる場所 [文]G・ルメール [写真]J・アミエル

芸術家の家 作品の生まれる場所 [文]G・ルメール [写真]J・アミエル

■謎と秘密をバラしてほしい 芸術家の家はいたるところで自らの謎と秘密を自然にバラしているのである。本書には14人の芸術家の家の写真が紹介されている。このうちモネ、キリコ、モローの家を訪ねたことが………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]人文 アート・ファッション・芸能 

トクヴィルの憂鬱 フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生 [著]高山裕二

トクヴィルの憂鬱 フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生 [著]高山裕二

■平衡を踏みにじる群衆の暴政 革命とナポレオン専制を経た19世紀前半のフランス。身分制から解放された「新しい社会」には、自分が何者でもないという不安に苛(さいな)まれる「新しい世代」が誕生した。………[もっと読む]

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

水を守りに、森へ 地下水の持続可能性を求めて [著]山田健

水を守りに、森へ 地下水の持続可能性を求めて [著]山田健

■社会貢献でなく企業の本業で サントリーで長くコピーライターを務めた著者は21世紀が迫ってきたころ、ふと、同社の事業がいかに「地下水」に依存しているかに気づく。同時に、その地下水が、森林の荒廃に………[もっと読む]

[評者]辻篤子(本社論説委員)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]人文 

イスラームと科学 [著]パルヴェーズ・フッドボーイ

イスラームと科学 [著]パルヴェーズ・フッドボーイ

■理性への野放図な侵犯に警鐘 イスラム圏の科学はひどい状況にある。 中世には、停滞するヨーロッパを尻目に世界最先端だった。でも宗教がそこに介入し、物理法則なども神の意志にすぎないとされ、科学を研………[もっと読む]

[評者]山形浩生(評論家)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]科学・生物 

番犬は庭を守る [著]岩井俊二

番犬は庭を守る [著]岩井俊二

 原発事故で放射能まみれになった未来を舞台にした小説である。繁殖力が衰えた人類にとって、生殖能力こそがカネの源で、子を持つことはエリートの証し。臓器移植で「汚染」の少ない体になる行為も横行する。………[もっと読む]

[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]文芸 

日本人はどう住まうべきか? [著]養老孟司・隈研吾

日本人はどう住まうべきか? [著]養老孟司・隈研吾

 読み進むうち、何だか悲しい気持ちになる。何故か。収められた解剖学者と建築家の対談は4年前のものを中心に、3・11以後再び話し合われたもので構成されている。阪神大震災を踏まえた前者で語られる都市………[もっと読む]

[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]人文 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ