2012年04月22日の書評一覧

解任 [著]マイケル・ウッドフォード/サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件 [著]山口義正

解任 [著]マイケル・ウッドフォード/サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件 [著]山口義正

■企業の闇に迫る、内外からの闘い 昨秋、内視鏡シェア世界一の国際的優良企業、オリンパスで組織的な巨額粉飾事件が表面化する。しかもその発端は、国際企業の証しと評価されてきた英国人社長の突然の解任劇………[もっと読む]

[評者]原真人(本社編集委員)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]社会 

白秋望景 [著]川本三郎

白秋望景 [著]川本三郎

■時代と格闘した偽りなき人生 この書は詩歌の人・北原白秋の軌跡を辿(たど)った評伝だが、その実著者による追悼詩のような趣をもつ作品である。著者自身が描いている白秋像を自らの言葉で解きほぐしていく………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

少女は卒業しない [著]朝井リョウ

少女は卒業しない [著]朝井リョウ

■乙女っぽさに、かつがれる快感 まんまと、一杯くわされた。と思ったが、考えてみれば、私がまぬけで調査不足だったのである。 まず、タイトルに惑わされた。著者名にも、早合点した。坂本龍馬の妻の龍の字………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]文芸 

批評とは何か [著]T・イーグルトン/M・ボーモント

批評とは何か [著]T・イーグルトン/M・ボーモント

■率直に語る、総括にして入門の書 いったい、どのくらいの時間をかけたのだろう。本書を手にして、まずそう思った。何しろ、五〇〇ページ近い長大なインタビューなのだ。何週間、何カ月? とにかく時間をか………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 

低線量被曝のモラル [共編著]一ノ瀬正樹、伊東乾ほか

低線量被曝のモラル [共編著]一ノ瀬正樹、伊東乾ほか

■意見異なる専門家による討論 福島で原発事故が起きてからというもの、放射線が人体に与える影響をどう考えるか、という問題が大きく浮かび上がってきた。 とくに低線量被曝(ひばく)については、専門家の………[もっと読む]

[評者]上丸洋一(本社編集委員)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]科学・生物 社会 

魚は痛みを感じるか [著]ヴィクトリア・ブレイスウェイト

魚は痛みを感じるか [著]ヴィクトリア・ブレイスウェイト

■情動や快不快を丹念に検証 精神と肉体を峻別(しゅんべつ)し、人間以外の生物には精神がないと考えたデカルト主義者たちは言った。動物は痛みを感じない。痛みはその意味を理解してはじめて存在するもので………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]科学・生物 

右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化 [著]細将貴

右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化 [著]細将貴

■若き研究者、人間臭い「冒険書」 この世に「右利きのヘビ」なるものが存在して、右巻きのカタツムリ食に特化しているようだ。カタツムリの大多数は右巻きであり理にかなっているが、右利きヘビの存在は、期………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]科学・生物 

マリー・アントワネット 運命の24時間 [著]中野京子

マリー・アントワネット 運命の24時間 [著]中野京子

■ヴァレンヌ逃亡、劇的に再現 著者の専門はドイツ文学だが、近年は西洋文化史、政治史への傾倒が著しく、絵画を通じて〈絵解き〉をする仕事に、精彩を放っている。 一時、小説への志向を見せた著者は、単な………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]文芸 

ショパン 孤高の創造者 [著]ジム・サムスン

ショパン 孤高の創造者 [著]ジム・サムスン

 「ピアノの詩人」と呼ばれる作曲家の生涯は、その音楽よろしく、ロマンチックな装飾を加えて語られがちだ。本書は信頼できる資料を手がかりに、想像力による脚色をていねいにはぎとり、人間ショパンの実像に………[もっと読む]

[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

地図集 [著]董啓章

地図集 [著]董啓章

 著者は香港の作家。表題作は、未来の考古学者が、古地図や古文書を元に返還前の香港を探り出す、という設定。まじめな学術書のように見せながら、登場する街や通りはどれも実在しない。都市の存在はいかに証………[もっと読む]

[掲載]2012年04月22日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ