2012年05月06日の書評一覧

2050年の世界地図―迫りくるニュー・ノースの時代 [著]ローレンス・C・スミス

2050年の世界地図―迫りくるニュー・ノースの時代 [著]ローレンス・C・スミス

■北の高緯度地域「新しい中心」に 2050年の世界を予測している。「ニューノース」は、北極の変化がもたらす高緯度地域の繁栄のことだ。占いの本ではない。ユーモアにあふれた面白い本だが、実はコンピュ………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]国際 

仕事をつくる―私の履歴書 [著]安藤忠雄

仕事をつくる―私の履歴書 [著]安藤忠雄

■そのエネルギーの源泉は何? 数人の画家に訊(き)いてみるがいい。「あなたは誰のために絵を描くのか?」。「世のため、人のため」と答える者はほぼいないだろう。霊感を与えてくれるその源泉に対して奉納………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

新ビルマからの手紙/増補復刻版 ビルマからの手紙 [著]アウンサンスーチー

新ビルマからの手紙/増補復刻版 ビルマからの手紙 [著]アウンサンスーチー

■明るく粘り強く抵抗する 現在ビルマ(「ミャンマー」は軍事政権側による国名であり、民主化勢力、ならびにそれを支持する者は「ビルマ」と呼ぶ)では補欠選挙で「国民民主連盟(NLD)」が過半数を超える………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]国際 

『マルタの鷹』講義 [著]諏訪部浩一

『マルタの鷹』講義 [著]諏訪部浩一

■ミステリー分析 目からウロコ 中学生だった1950年代後半、初めて『マルタの鷹』を読み終わったときの高揚感は、今でも忘れられない。 当時は、ハメットの作品もハードボイルドというジャンルも、まだ………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]文芸 

核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ケ所村 [著]舩橋晴俊、長谷川公一、飯島伸子

核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ケ所村 [著]舩橋晴俊、長谷川公一、飯島伸子

■開発計画から排除された村民 使用済み核燃料を再処理してプルトニウムとウランを回収し、高速増殖炉などで使用する「核燃料サイクル」計画は、エネルギー自立の切り札として長年、政府、電力会社によって推………[もっと読む]

[評者]上丸洋一(本社編集委員)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]社会 

世界が日本のことを考えている―3・11後の文明を問う――17賢人のメッセージ [編著]共同通信社取材班

世界が日本のことを考えている―3・11後の文明を問う――17賢人のメッセージ [編著]共同通信社取材班

■国内言論に足りぬ視点想起 3・11をめぐる海外の識者へのインタビュー集。「賢人もの」にありがちな欧米・男性・学者中心ではない、多様な人選がまず目を引く。 例えば、アマゾン奥地で育ち、16歳まで………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]国際 

貧困待ったなし!―とっちらかりの10年間 [編]自立生活サポートセンター・もやい

貧困待ったなし!―とっちらかりの10年間 [編]自立生活サポートセンター・もやい

■親密な場所と組織化の矛盾 この社会の貧困の問題に最底辺のところで対応してきた支援グループの、あまりに率直な、そして考えぬかれた地声の中間総括である。 所持金・平均500円で、何もかもが立ちゆか………[もっと読む]

[評者]鷲田清一(大谷大学教授・哲学)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]社会 

未来国家ブータン [著]高野秀行

未来国家ブータン [著]高野秀行

■他の国とはまるで違う進化 昨年の国王夫妻の来日以来かなりのブームを巻き起こしているブータン。ヒマラヤの小国なのに国民の幸福度は世界一ともいわれ、そのユニークな国情に注目が集まっている。当然、さ………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]人文 国際 

「当事者」の時代 [著]佐々木俊尚

「当事者」の時代 [著]佐々木俊尚

 ネットメディアの浸透により、歴史的な岐路にたつマスメディア。その構造的な問題点を読み解くことで、日本人社会が構築した戦後のメディア空間の特性を、元毎日新聞記者のジャーナリストがよみといた。マス………[もっと読む]

[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]社会 

童の心で―歌舞伎と脳科学 [著]小泉英明・市川団十郎

童の心で―歌舞伎と脳科学 [著]小泉英明・市川団十郎

 片や世界的脳科学者、片や歌舞伎の市川宗家12代目。2人は、明治の三陸大津波の孤児救済が発端で東京・世田谷に開設された「コドモの園幼稚園」で、ほぼ50年前に同窓だった幼なじみ。それぞれ相手の仕事………[もっと読む]

[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 科学・生物 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ