2012年08月12日の書評一覧

たかが英語! [著]三木谷浩史

たかが英語! [著]三木谷浩史

■社内公用語 楽天の大実験 英語上達のノウハウを盛り込んだ本は世にあふれている。だが社内公用語を英語にして、その能力を出世や採用の条件にまでしてしまった企業の大実験の顛末(てんまつ)を書いた本は………[もっと読む]

[評者]原真人(本社編集委員)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]人文 

笑う親鸞―楽しい念仏、歌う説教 [著]伊東乾

笑う親鸞―楽しい念仏、歌う説教 [著]伊東乾

■意味超えて心に届く声、響き 自力の限界を説き、直接、民衆に語りかけた親鸞。彼は自らを「愚禿(ぐとく)」と称し、人々と同じ目線に立った。 「愚かなハゲ」と自分のことを言える親鸞は、きっと面白い話………[もっと読む]

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]人文 

ネゴシエイター 人質救出への心理戦 [著]ベン・ロペス

ネゴシエイター 人質救出への心理戦 [著]ベン・ロペス

■交渉現場の舞台裏、迫力満点 いまや世界の成長産業とさえ揶揄(やゆ)される身代金目的の誘拐。毎年2万件以上報告されるが、当局に通報されるのは1割にすぎない。破綻(はたん)国家が急増し、経済格差が………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]人文 

惜櫟荘だより [著]佐伯泰英

惜櫟荘だより [著]佐伯泰英

■修復への好奇心、細部も活写 著者は、雌伏の時期が長かったが、今や華ばなしく雄飛した。本が売れないこの時代に、同世代の作家としてまことに喜ばしいことである。 文庫書き下ろしに徹する著者は、みずか………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]人文 

スウィング・ジャパン―日系米軍兵ジミー・アラキと占領の記憶 [著]秋尾沙戸子

スウィング・ジャパン―日系米軍兵ジミー・アラキと占領の記憶 [著]秋尾沙戸子

■ジャズと日本文学、才磨いた人生追う 太平洋戦争の勃発によって、在米日系人は「敵性国人」となり、強制収容所(キャンプ)へ隔離された。その数11万余人。多くは米国で生まれた2世たちで、17歳のジミ………[もっと読む]

[評者]後藤正治(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ナリワイをつくる―人生を盗まれない働き方 [著]伊藤洋志

ナリワイをつくる―人生を盗まれない働き方 [著]伊藤洋志

■就職の対極にある生き方を 仕事に困っている人、必読である。とにかく面白いし、力が湧く。 ナリワイとは生活そのもの、あるいはそのための仕事の意味だ。本書での定義を要約すると、時間と健康をお金に換………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]経済 

昆虫食文化事典 [著]三橋淳

昆虫食文化事典 [著]三橋淳

■「虫を食う」人の営み、深く考察 前に本欄で書評の出た快著『「腹の虫」の研究』は観念としての虫の話だったが、こちらは本当に腹に入れる虫の話だ。ちなみに入門者には日本のバッタの佃煮(つくだに)かラ………[もっと読む]

[評者]山形浩生(評論家)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]社会 

天一一代―明治のスーパーマジシャン [著]藤山新太郎

天一一代―明治のスーパーマジシャン [著]藤山新太郎

■奇術の歴史と哀歓、正直に記録 日本の奇術業界の草分け的人物の評伝である。著者自身も伝統を引き継ぐ奇術師で、先達の素顔を明らかにすることにより、奇術の歴史やそこに関わった人たちの哀歓を正直に記録………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

テレビ屋独白 [著]関口宏

テレビ屋独白 [著]関口宏

 テレビの現場にいる大御所が、業界にちょっと辛口の“本音”をつづる。 テレビ成長期に番組制作に情熱を傾けたテレビ屋たちが第一線から次々と引退する時代になった。著者はいまだに現場で活躍しているが、………[もっと読む]

[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]人文 

セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱 [著]坂爪真吾

セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱 [著]坂爪真吾

 障害者への性的な支援・ケアサービスの不在を社会問題と捉え、それを提供する非営利組織を立ち上げた著者。看護などのように専門技術としてサービスを提供することが目的で、脱衣やスタッフへの接触はなく、………[もっと読む]

[掲載]2012年08月12日
[ジャンル]社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ