2012年09月09日の書評一覧

みんなの家。建築家一年生の初仕事 [著]光嶋裕介

みんなの家。建築家一年生の初仕事 [著]光嶋裕介

■仲間と職人が奏でる「交響曲」 僕たちの時代の建築家が姿を現した。 「みんなの家」とは、思想家・内田樹の自宅兼道場「凱風館(がいふうかん)」。内田は設計をこれまで一軒も家を建てたことがない若者に………[もっと読む]

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

天使のゲーム〈上・下〉 [著]カルロス・ルイス・サフォン

天使のゲーム〈上・下〉 [著]カルロス・ルイス・サフォン

■現実と夢 めくるめく幻想世界 本書は、著者の前作『風の影』に次ぐ、〈忘れられた本の墓場〉シリーズの、2作目に当たる。舞台は、同じスペインのバルセロナだが、時代背景は1作目より15年以上前の、1………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]文芸 

この人を見よ [著]後藤明生

この人を見よ [著]後藤明生

■人を喰った構造 脱線につぐ脱線 後藤明生は私にとって特異な作家である。“人はオリジナルな作品を単独で書くのではなく、何か先行作を読んだからこそ書くのだ”という文学理論でも有名だ。 だから、後藤………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]文芸 

その日東京駅五時二十五分発 [著]西川美和

その日東京駅五時二十五分発 [著]西川美和

■静謐感が醸す「戦争のリアル」 「終戦当日、ぼくは故郷広島に向かった。この国が負けたことなんて、とっくに知っていた」という帯文に惹(ひ)かれつつ、本書を手に取ることを少しためらった。巷(ちまた)………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]歴史 文芸 

長い道 [著]宮崎かづゑ

長い道 [著]宮崎かづゑ

■療養所での樹木のような70余年 ハンセン病を発症して10歳のとき(昭和13〈1938〉年)に瀬戸内海にある長島愛生園に入園し、以来70年以上を園内で過ごしてこられた宮崎さんの自伝とエッセー。表………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

世界の99%を貧困にする経済 [著]ジョセフ・E・スティグリッツ

世界の99%を貧困にする経済 [著]ジョセフ・E・スティグリッツ

■進む不平等の階層化 逆転難しく リーマン・ショックによる大量失業の惨状を尻目に、巨額のボーナスを手にしながら罪にも問われぬ銀行家たち。人々は大いに怒って、ウォール街に抗議行動に出た。それがやが………[もっと読む]

[評者]原真人(本社編集委員)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]経済 

ロシア宇宙開発史 気球からヴォストークまで [著]冨田信之

ロシア宇宙開発史 気球からヴォストークまで [著]冨田信之

■米とは別の技術の系譜 ロシアの宇宙技術は、テーマとしてはマニアックながら、アメリカとは別の技術的な系譜として興味深いもの。本書はその歴史を、帝政ロシア(いやそれ以前)からフルシチョフ失脚による………[もっと読む]

[評者]山形浩生(評論家)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]科学・生物 

満鉄特急「あじあ」の誕生―開発前夜から終焉までの全貌 [著]天野博之

満鉄特急「あじあ」の誕生―開発前夜から終焉までの全貌 [著]天野博之

■憧れは富と力の象徴ゆえか 昔、古書即売展に、あじあ号をかたどった鉄製の文鎮を出品したら、客が殺到して驚いたことがある。文鎮でなく、試験乗車した客にのみ配られた記念の紙切り小刀、と本書で知った。………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

非常時のことば―震災の後で [著]高橋源一郎

非常時のことば―震災の後で [著]高橋源一郎

 「非常時」には言葉を失う。混乱する。うまくしゃべれないし、うまく書けない。当然だと、高橋さんは言う。2011年3月、大地震と原発事故があった。人びとの気持ちや考えが変化し、言葉や文章も変わった………[もっと読む]

[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]人文 

幸福な食堂車 [著]一志治夫

幸福な食堂車 [著]一志治夫

 「ソニック」の近未来空間、「ゆふいんの森」のレトロな木目調――。九州でJRの特急に乗ると心が躍る。特急料金は時間だけでなく空間にも支払うもの。そう納得できるだけの驚きと快適性があるからだ。本書………[もっと読む]

[掲載]2012年09月09日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ