2012年09月30日の書評一覧

ネアンデルタール人 奇跡の再発見 [著]小野昭/化石の分子生物学 [著]更科功

ネアンデルタール人 奇跡の再発見 [著]小野昭/化石の分子生物学 [著]更科功

■あり得たもう一つの「人類」 人権、人命、平等の尊重。我々人類にとってあまりにも普遍的な規範は、実は意外なことに2万数千年ほど前に起きたある偶然の上に成り立っている。ネアンデルタール人の消滅。化………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]科学・生物 

高倉健インタヴューズ [文・構成]野地秩嘉

高倉健インタヴューズ [文・構成]野地秩嘉

■演技の核の「気」、解明に挑戦 18年という長期にわたって行われた高倉健へのインタビュー集である本書で著者は「健さん」の徹底解剖に挑戦するが、その実像は新作映画「あなたへ」の霧に包まれた古城跡の………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

タイガーズ・ワイフ [著]テア・オブレヒト

タイガーズ・ワイフ [著]テア・オブレヒト

■勇猛な想像力で普遍性もつ異郷 読後、吠(ほ)えたくなった。あまりにも悲しいから。なのに腹が立つほどパワフルで魅惑的だから。 作者のテア・オブレヒトは、旧ユーゴスラビア出身で思春期にアメリカに移………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]文芸 

光線 [著]村田喜代子

光線 [著]村田喜代子

■胸に迫る夫婦の普通の生活 「東日本大震災」当日、あなたはどこで何をなさっておられただろうか。 『光線』の妻は、ガン(本書の表記に従う。実は評者も漢字が怖い)の疑いで入院している。大震災の翌々日………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]文芸 

晰子の君の諸問題 [著]佐々木中

晰子の君の諸問題 [著]佐々木中

■散文と詩の間、交錯する言語 『夜戦と永遠』という大著でデビューした哲学者・佐々木中は旺盛に創作し続ける。 「行こう、君と一緒なら」と始まる小説は、もはや佐々木文体とも言える見慣れぬ単語の衝突に………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]文芸 

中国と茶碗と日本と [著]彭丹

中国と茶碗と日本と [著]彭丹

■陶磁の謎解き、スリリングに 著者は着物を着て茶をたて、能を舞い、幸田露伴を読み、寺に出入りし、そして日本語で小説も書く日本学者だ。欧米人の日本学者には、伝統文化に身体ごと入り込んでゆく人々が多………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]歴史 

弱いロボット [著]岡田美智男 

弱いロボット [著]岡田美智男 

■人の助けを借りて、人をつなぐ ロボットと聞くと技術の粋を凝らした人型、ヒューマノイドを想像する。一方、掃除などに特化した実用的な非人型ロボットも普及しつつある。そんな時代に逆行するかのように、………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]医学・福祉 

LOVE&SYSTEMS [著]中島たい子

LOVE&SYSTEMS [著]中島たい子

■近未来の極端な結婚政策 少子化と労働力不足の問題を解決するために、各国が極端な結婚政策を採り始めた、という設定の近未来小説。結婚制度そのものをなくしてしまって自由恋愛を認め、子どもは国の教育施………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]文芸 

そこに僕らは居合わせた―語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶 [著]グードルン・パウゼヴァング

そこに僕らは居合わせた―語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶 [著]グードルン・パウゼヴァング

 ナチス体制下のドイツで起きたさまざまなことを見た子どもたちが後に語る20編。ユダヤ人一家が連行されたあとの家に、この間まで仲良く付き合っていた近所の人たちが入り込み、めぼしい品を持ち出す。母は………[もっと読む]

[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]国際 

歳々年々、藝同じからず 米朝よもやま噺 [語り]桂米朝[聞き手]市川寿憲

歳々年々、藝同じからず 米朝よもやま噺 [語り]桂米朝[聞き手]市川寿憲

 大阪・朝日放送のラジオ番組「米朝よもやま噺(ばなし)」を再構成した本の3冊目。なつかしい芸人や役者、芸者にお茶屋の思い出から、枝雀や吉朝ら、弟子のことまで自在に語る。「そもそも、民主主義と芸事………[もっと読む]

[掲載]2012年09月30日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ