2012年11月11日の書評一覧

かつての超大国アメリカ [著]トーマス・フリードマン、マイケル・マンデルバウム

かつての超大国アメリカ [著]トーマス・フリードマン、マイケル・マンデルバウム

■リスク厭わぬ意志こそが希望 ピュリツァー賞を3度受賞した著名ジャーナリストと国際関係論の泰斗が診断する今日の米国社会。 それが本書の直接的なテーマだが、その先に照射されているのはより大きな、先………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]経済 

やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識 [著]田崎晴明

やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識 [著]田崎晴明

■生産的な議論へ、誠実正確な解説 昨年の東電福島原発事故による放射線の影響で、このぼくを含め日本住民のほぼ全員が、恐怖と不安の中で、この一年半を送ってきた。目に見えず、なじみもない放射線を不安が………[もっと読む]

[評者]山形浩生(評論家)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]科学・生物 

「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー [著]高橋秀実

「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー [著]高橋秀実

■実験重ねるラブリーなチーム プロ野球にしてもオリンピックにしても、勝負の世界は結果だけ見れば単純だが、そこに至る過程はなかなか複雑である。強い方が勝つといわれるが、その「強さ」って何だろう? ………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]社会 

厳重に監視された列車 [著]ボフミル・フラバル

厳重に監視された列車 [著]ボフミル・フラバル

■現実と対峙する悲痛な純粋 石を詰めた麻袋で背中をどつかれるような衝撃を読書から切実に感じる。汗を始めとする体液の臭いが鼻につく。そういう肉感的な言語体験をさせてくれるのがフラバルやクンデラとい………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]文芸 

凸凹サバンナ [著]玖村まゆみ

凸凹サバンナ [著]玖村まゆみ

■法律事務所の下町人情ドラマ 玖村まゆみは、先般紹介した川瀬七緒とともに、昨年度江戸川乱歩賞を受賞したが、これはその受賞後第一作。 主人公の法律事務所長、田中貞夫が法律相談に訪れる人びとの抱える………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]文芸 

西欧古代神話図像大鑑 全訳『古人たちの神々の姿について』 [著]ヴィンチェンツォ・カルターリ

西欧古代神話図像大鑑 全訳『古人たちの神々の姿について』 [著]ヴィンチェンツォ・カルターリ

■信仰と欲望、明快に示した古典 古代文化が復興したルネサンス期は、キリスト教の側から見ても古代神話の豊かな寓意(ぐうい)や物語を借りて宗教教義に魅惑的な「イメージ」を与える改革期であった。そこで………[もっと読む]

[評者]荒俣宏(作家)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

かっこうの親 もずの子ども [著]椰月美智子

かっこうの親 もずの子ども [著]椰月美智子

■生命の輝き包む 子育ての日々 語り手の統子は、夫でない男性の精子で授精するAID(非配偶者間人工授精)で子を授かった。夫は無精子症で合意の上だったが、気持ちのすれ違いから離婚、ひとり親で4歳の………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]文芸 

満洲浪漫 長谷川濬が見た夢 [著]大島幹雄

満洲浪漫 長谷川濬が見た夢 [著]大島幹雄

■『偉大なる王』の訳者の初評伝 額(ひたい)に王の字の模様がある満州虎の生涯を描いた、亡命ロシアの作家バイコフの『偉大なる王』は、戦前わが国で大いに読まれた。翻訳して紹介したのは、長谷川濬である………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦 [著]角岡伸彦

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦 [著]角岡伸彦

 むちゃくちゃや。山口組系暴力団の組員にして部落解放同盟の支部長、小西邦彦(2007年没)の一代記である本書を読んで、何度も口をついて出そうになった。カッとなって横綱千代の富士を蹴り上げたという………[もっと読む]

[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ほんとうの中国の話をしよう [著]余華

ほんとうの中国の話をしよう [著]余華

 中国を代表する作家の一人が著した出色の中国文化論。10のキーワードで社会を読みとく。たとえば山寨(シャンチャイ)。もともと山奥の防御用建造物をさすが、今は政府の管轄をはずれたものも意味する。コ………[もっと読む]

[掲載]2012年11月11日
[ジャンル]社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ