2013年05月19日の書評一覧

ミック・ジャガー ワイルド・ライフ [著]クリストファー・アンダーセン

ミック・ジャガー ワイルド・ライフ [著]クリストファー・アンダーセン

■彼は悪魔で神である 1969年、あの殺人事件が起こった悪名高きオルタモントのロックフェスティバルでのローリング・ストーンズは、僕の中に決定的な悪徳と危険の種子を移植させた。彼らに対する蠱惑(こ………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

ソウル・マイニング 音楽的自伝 [著]ダニエル・ラノワ

ソウル・マイニング 音楽的自伝 [著]ダニエル・ラノワ

■「魂の採掘」でサウンドを革新 ダニエル・ラノワは、カナダ出身のミュージシャン、レコーディング・エンジニアである。鬼才ブライアン・イーノとの共同作業——とりわけアイルランドの世界的ロック・バンド………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

犬の伊勢参り [著]仁科邦男

犬の伊勢参り [著]仁科邦男

■群衆と動物が入り交じった時代 犬が伊勢参りをした最初の記録は一七七一年だそうだ。それ以来まさに「ぞくぞくと」犬の参宮が見られたのだった。本当なのか? それにしてもいったいなぜ? 本書は数々の疑………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]歴史 

黒澤明の十字架 戦争と円谷特撮と徴兵忌避 [著]指田文夫

黒澤明の十字架 戦争と円谷特撮と徴兵忌避 [著]指田文夫

■偉丈夫はなぜ徴兵されなかった 映画監督の黒澤明は壮健な偉丈夫だったが、徴兵体験はない。軍務経験もゼロである。自伝で、徴兵司令官が父の教え子だったため兵役を免れた、と書いている。著者は徴兵制度に………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

「グローバリズム」の歴史社会学 フラット化しない世界 [著]木村雅昭

「グローバリズム」の歴史社会学 フラット化しない世界 [著]木村雅昭

■今なお基底的、国民国家の論理 グローバル経済の進展によって国家は衰退するだろう。これまで幾度となく表明されてきた見解だ。国家は市場経済にできるだけ干渉してはならず、規制緩和こそがあらゆる国家が………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]社会 

不浄の血 [著]アイザック・バシェヴィス・シンガー

不浄の血 [著]アイザック・バシェヴィス・シンガー

■民話、呪い、魔物が入り交じる異物 アイザック・B・シンガーは1978年に米国人作家としてノーベル文学賞を受賞した。英語作家としてではなく、多くの地に散るユダヤ人の共同体が守り伝えてきたイディッ………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]文芸 

マリッジ・プロット [著]ジェフリー・ユージェニデス

マリッジ・プロット [著]ジェフリー・ユージェニデス

■不安定で傷つきやすい若者たち 一見スノッブな小説だ。主人公たちはアメリカ東海岸の名門ブラウン大学の学生である。主人公の文学少女マデリン、大柄で才気煥発(さいきかんぱつ)の皮肉屋レナード、思慮深………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]文芸 

怪獣文藝 [編]東雅夫

怪獣文藝 [編]東雅夫

■不穏で不安、ぞわっとした感覚 我々の社会にとって「怪獣」は特別であるようだ。テレビでウルトラ怪獣が活躍(?)し、ゴジラが映画の定番だった頃に育った世代でなくとも思い入れを持つ人は多い。日常を逸………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]文芸 

愛の夢とか [著]川上未映子

愛の夢とか [著]川上未映子

 1作ごとに違う顔を見せてきた芥川賞作家の著者による、初めての短編集。表題作は、主婦の「わたし」が隣から聞こえてきたピアノの音にひかれ、隣家に通い始める。ピアノを通じた2人の主婦の不思議でおかし………[もっと読む]

[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]文芸 

考える練習 [著]保坂和志

考える練習 [著]保坂和志

 消費税増税、TPP、原発ほか現代は賛否に迷う問題に満ちていて、「どうすれば自分の頭で考えることができるのか」と思った若い編集者が、作家に「考える方法」を教えてもらいたいと、12回にわたって講義………[もっと読む]

[掲載]2013年05月19日
[ジャンル]人文 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ