2013年06月23日の書評一覧

海を渡った人類の遥かな歴史―名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか [著]ブライアン・フェイガン

海を渡った人類の遥かな歴史―名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか [著]ブライアン・フェイガン

■冒険性を否定する、人と海との親密さ 人間の住む世界から遠く離れた北極の氷の中や太平洋に浮かぶ孤島を訪ねた時、いつも考えることがあった。はるか昔、何千、何万年という昔に、海図も六分儀もないのに、………[もっと読む]

[評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]歴史 

統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾

統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾

■柔軟で奥深い多面的な政治体 昨秋、欧州連合(EU)加盟国の対外文化機関の連合体であるEUNICの本部(ブリュッセル)を訪れる機会があった。ときはユーロ危機の真っただ中。EUへの悲観論が支配的だ………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]国際 

高岡重蔵活版習作集 [著]高岡重蔵

高岡重蔵活版習作集 [著]高岡重蔵

■本場顔負けの欧文組み版の技 ワインのラベルや古い洋書の文字が好きだ。強い主張はないのにきちんと美しい。パソコンで英文を打っても、あの雰囲気は決して出せない。 きちんと設計された欧文活字書体を使………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

プライドの社会学―自己をデザインする夢 [著]奥井智之

プライドの社会学―自己をデザインする夢 [著]奥井智之

■所属の不安定化で源泉がゆらぐ プライドとは、個人的な満足によるものなのだろうか。それとも、社会的な評価を要するものなのだろうか。たとえば、尊敬される地位、高い学歴、美しい容姿……等々は、個人的………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]社会 

なぜ人間は泳ぐのか?―水泳をめぐる歴史、現在、未来 [著]リン・シェール

なぜ人間は泳ぐのか?―水泳をめぐる歴史、現在、未来 [著]リン・シェール

■水と人間の驚くべき雑学百科 著者はごくふつうの女性スイマー。70歳を前にしてヨーロッパとアジアをつなぐヘレスポントス海峡6・5キロの横断泳に挑んだ。その訓練の間に聞き知った「水泳と人間の歴史」………[もっと読む]

[評者]荒俣宏(作家)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]歴史 

「朦朧」の時代―大観、春草らと近代日本画の成立 [著]佐藤志乃

「朦朧」の時代―大観、春草らと近代日本画の成立 [著]佐藤志乃

■厳しい批判 やがて礼賛へ 誰が言い出したか「朦朧(もうろう)体」。日本美術院・岡倉天心の肝煎りではじめた横山大観、菱田春草らの日本画の新様式。形態(事物)のエッジを曖昧(あいまい)に暈(ぼか)………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

主婦と演芸 [著]清水ミチコ

主婦と演芸 [著]清水ミチコ

■鋭い観察眼、心地良いコトバ 文章を書くのが好きという清水さん。コトバの上下動が心地いい。まるで空中ブランコの下に張られた大きなネットをゆらゆらと歩いているみたい。主役を張らない“モノマネ芸人”………[もっと読む]

[評者]鷲田清一(大谷大学教授・哲学)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]人文 

歴史哲学への招待―生命パラダイムから考える [著]小林道憲

歴史哲学への招待―生命パラダイムから考える [著]小林道憲

■科学との共通性が見えてくる 「歴史的事実」という言葉がある。歴史教科書に記述されていることは、あたかも事実のように私たちは思っている。しかし一方、歴史が物語であることも承知している。ではいった………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]科学・生物 

[銀河鉄道の夜]フィールド・ノート [著]寺門和夫

[銀河鉄道の夜]フィールド・ノート [著]寺門和夫

 「銀河鉄道の夜」を読んでいると、宮沢賢治独特の造語によく出合う。たとえば、ジョバンニがその下に寝ころがり、やがて幻想空間へと旅に出る丘の上の「天気輪の柱」。具体的な描写は何もない。科学ジャーナ………[もっと読む]

[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]人文 

沖縄ワジワジー通信 [著]金平茂紀

沖縄ワジワジー通信 [著]金平茂紀

 「報道特集」のキャスターが沖縄タイムスで2008〜12年に連載していた時事エッセー。〈沖縄を論じることは日本の姿を論じること〉といい、普天間基地移転問題や沖縄の核兵器をめぐる日米密約について率………[もっと読む]

[掲載]2013年06月23日
[ジャンル]人文 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ