2013年08月18日の書評一覧

ミシンと日本の近代―消費者の創出 [著]アンドルー・ゴードン [訳]大島かおり

ミシンと日本の近代―消費者の創出 [著]アンドルー・ゴードン [訳]大島かおり

■小さなモノに光、大きな歴史照射 米国の「知日派」というと、最近は外交・安全保障の専門家のみ注目されがちだが、著者は歴史研究における筆頭的存在だ。 ある日、彼は、ふと1950年代の日本の既婚女性………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

爪と目 [著]藤野可織

爪と目 [著]藤野可織

■「あなた」が気づかない欲望 人体を覆う表皮のうち特別な存在が二つある。爪と目である。前者は自由な両手の指先を保護し、後者からは外界の情報の8割以上が入る。 かくも重要だからこそマスカラやマニキ………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]文芸 

戦艦ポチョムキンの生涯―1900-1925 [著]寺畔彦

戦艦ポチョムキンの生涯―1900-1925 [著]寺畔彦

■数奇な運命辿った戦艦の素顔 最終頁(ページ)を閉じたあとに、なるほどこういう視点のこんな記述の書があるのか、とのつぶやきが洩(も)れる書である。 「戦艦ポチョムキン」を語りつつエイゼンシュタイ………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]文芸 

「空気」の構造―日本人はなぜ決められないのか [著]池田信夫

「空気」の構造―日本人はなぜ決められないのか [著]池田信夫

■タコツボ組織を変えるとき 仲間内の暗黙の合意をこわすような発言をすれば「空気を読め」とたしなめられる。日本社会のそんな特質を初めて「空気」という言葉でとらえたのは評論家・山本七平の『「空気」の………[もっと読む]

[評者]原真人(本社編集委員)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]社会 

アメリカ経済財政史―1929-2009 [著]室山義正

アメリカ経済財政史―1929-2009 [著]室山義正

■建国理念の実現は中間層の肩に E・H・カーの「歴史は、現在と過去との対話である」という定義をうけ、清水幾太郎は「現在が未来へ食い込むにつれて、過去はその姿を新しくし、その意味を変じて行く」とい………[もっと読む]

[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]経済 

世紀の名作はこうしてつくられた [著]エレン・F・ブラウン、ジョン・ワイリー2世 [訳]近江美佐

世紀の名作はこうしてつくられた [著]エレン・F・ブラウン、ジョン・ワイリー2世 [訳]近江美佐

■『風と共に来る』だったのかも 五百七十四頁(ページ)を、一気に読了した。読んでいる最中も興奮したが、読み終わった今も同じくらい興奮している。 本書は、『風と共に去りぬ』という名作の歴史を、根掘………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]文芸 

たそがれ・あやしげ [著]眉村卓

たそがれ・あやしげ [著]眉村卓

■人生顧みる時、迷い込む異界 70年代の傑作ジュブナイル「なぞの転校生」「ねらわれた学園」。21世紀になってからも再刊され読者を得ている「司政官シリーズ」。子ども目線に寄り添ったり、官僚組織の中………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]文芸 

犬心 [著]伊藤比呂美

犬心 [著]伊藤比呂美

■むき出しに展開する生老病死 かつて子育てエッセーというジャンルを切り開いた詩人・伊藤比呂美が、今度はペットロス・エッセーを書きあげた。14年間、カリフォルニアでともに暮らしたジャーマン・シェパ………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]文芸 

ニコライ [著]中村健之介

ニコライ [著]中村健之介

 ロシア正教の大主教ニコライ(1836-1912)は、東京・神田にあるニコライ堂で知られる。幕末に来日して日本正教会を創建し、日本での活動は半世紀に及んだ。ロシア文学者の著者は、関東大震災で焼失………[もっと読む]

[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]歴史 

女子と作文 [著]近代ナリコ

女子と作文 [著]近代ナリコ

 著者は、女性による女性向けエッセーにひかれ、古本屋でみつけてはそれらからみえてくる欲望をミニコミ誌などで紹介してきた。本書は〈女性が書くということについて〉をテーマに、〈文学の領域とはべつのと………[もっと読む]

[掲載]2013年08月18日
[ジャンル]人文 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ