2013年10月06日の書評一覧

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい―正義という共同幻想がもたらす本当の危機 [著]森達也

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい―正義という共同幻想がもたらす本当の危機 [著]森達也

■当事者の代弁に隠れている欺瞞 とても長い、しかも問いかけの形を採った題名。その言葉の響きは挑発的でさえある。では、いったい何を問おうというのか。BS放送の対談番組で死刑廃止論を展開した際に(森………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ホリイのずんずん調査 かつて誰も調べなかった100の謎 [著]堀井憲一郎

ホリイのずんずん調査 かつて誰も調べなかった100の謎 [著]堀井憲一郎

■金と銀のエンゼルは何枚なのか まずは著者から紹介しよう。ピーナツ入り柿の種(俗に言う柿ピー)の、柿とピーの比率を、わが国で初めて調査した人である。チョコボール(これは菓子)を一千個買って、金と………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]社会 

猿まわし 被差別の民俗学 [著]筒井功

猿まわし 被差別の民俗学 [著]筒井功

■あがめられ差別された祈る人々 人と猿の関係を解く書物は今までにもあった。猿とは何かを民俗学的に解説する書物も存在する。むろん、芸能民としての猿まわしや猿引きについても、民俗芸能のテーマとして、………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]歴史 

海外で建築を仕事にする―世界はチャンスで満たされている [編著]前田茂樹

海外で建築を仕事にする―世界はチャンスで満たされている [編著]前田茂樹

■ジリ貧日本から飛び出す若者 これは現在の「出稼ぎ物語」である。 かつて東北の貧しい農村の人々が、豊かな都市へと働きに出ることを「出稼ぎ」と呼んだ。東北の人たちは働き者で、能力は高く、しかも実直………[もっと読む]

[評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 国際 

ヴァスコ・ダ・ガマの「聖戦」―宗教対立の潮目を変えた大航海 [著]ナイジェル・クリフ

ヴァスコ・ダ・ガマの「聖戦」―宗教対立の潮目を変えた大航海 [著]ナイジェル・クリフ

■今とつながる15世紀末の大変化 一般的には、文字を通してよりも映像のほうが迫力あるように思うが、本書を読めば、映像を超える壮大な絵巻物が瞼(まぶた)に浮かんで想像(妄想)をかき立てる。欧米人の………[もっと読む]

[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]歴史 

北方領土・竹島・尖閣、これが解決策 [著]岩下明裕

北方領土・竹島・尖閣、これが解決策 [著]岩下明裕

■「国境とは何か」が見えてくる 本書の著者はかつて『北方領土問題』(中公新書)で北方領土の「三島返還」を提起し、マスコミや国政をも巻き込んだ議論を引き起こした。その議論は著者の予想を超えてセンセ………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]歴史 国際 

東京百景 [著]又吉直樹

東京百景 [著]又吉直樹

■ひそやかな場所の記憶めぐり 場所の記憶は、つねに更新されていく。スクラップ・アンド・ビルドな風景が広がる東京は、巨大な記憶の脱臭装置であり、私たちは集団的記憶喪失者として暮らす。だが、ときに重………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]人文 

日本国憲法の初心 山本有三の「竹」を読む [編著]鈴木琢磨

日本国憲法の初心 山本有三の「竹」を読む [編著]鈴木琢磨

■今こそ思い起こせと誘う 本書一読後の結論は、今こそ私たちは、「山本有三」を思い起こせとの誘いである。劇作家、作家として幾つかの名作(『路傍の石』など)を残す一方で、戦後は政治家として参議院に緑………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護 [著]池上正樹

ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護 [著]池上正樹

 フリーライターの著者とMさんとの出会いは3年前。著者が「ひきこもりの高年齢化」について本を書いたことを新聞で知り、Mさんが「自立のためのアドバイスをいただきたい」と地元支局に電話したのだ。Mさ………[もっと読む]

[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]人文 新書 

クロスロード・オキナワ [著]鎌倉英也、宮本康宏

クロスロード・オキナワ [著]鎌倉英也、宮本康宏

 NHKディレクターが取材をもとに、日本と世界の十字路としての沖縄を描いた。 日本が世界史の荒波にもまれる時、その交点にある沖縄は、本土のかわりに多くの矛盾や犠牲を引き受けてきた。黒船のペリーは………[もっと読む]

[掲載]2013年10月06日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ