2013年11月10日の書評一覧

11/22/63(上・下) [著]スティーヴン・キング

11/22/63(上・下) [著]スティーヴン・キング

■過去を変えれば幸せになるのか わかりにくい題名だが、つまり一九六三年十一月二十二日という意味だ。この日(日本時間で二十三日祝日)、私は確かにテレビでケネディ暗殺のシーンを見た。親戚の家を訪問中………[もっと読む]

[評者]田中優子(法政大学教授・近世比較文化)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]文芸 

戦後歴程―平和憲法を持つ国の経済人として [著]品川正治

戦後歴程―平和憲法を持つ国の経済人として [著]品川正治

■体制内でも貫いた「9条死守」 著者は陸軍歩兵2等兵として、中国で終戦を迎えた。抑留の後、帰国の復員船で、日本国憲法の草案を伝えるよれよれになった新聞を見た。 「(憲法9条に)はっきりと、二度と………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

昭和の犬 [著]姫野カオルコ

昭和の犬 [著]姫野カオルコ

■立ち向かうだけが人生ではない 読んですぐに、爽快感でいっぱいになるわけでも、泣き崩れるわけでも、ない。 読み終えて、一旦(いったん)記憶の底に仕舞(しま)い込んだ数日後、夜道を歩いているときな………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]文芸 

ファントマ―悪党的想像力 [著]赤塚敬子

ファントマ―悪党的想像力 [著]赤塚敬子

■なぜ百年を経て人気があせないか ファントマを知ったのは、ルネ・マグリットの画集を手にした1960年代であった。以来、心を去らず、自作の主題にもしてきたのは、マグリットの絵にたびたび描かれる黒タ………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか [著]キャロル・キサク・ヨーン

自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか [著]キャロル・キサク・ヨーン

■魚類は「科学的」に存在しない? 魚類という分類群が「科学的」には存在しないという主張をご存じだろうか。生物の系統を明らかにする分岐学の立場で分類を考えるとそうなる。分類はある共通祖先から出た生………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]科学・生物 

ビルマ・ハイウェイ―中国とインドをつなぐ十字路 [著]タンミンウー

ビルマ・ハイウェイ―中国とインドをつなぐ十字路 [著]タンミンウー

■辺境の変化、歴史掘り起こし報告 中国とインドの国境近くの峡谷を探検したことがある。最初は98年。粗末なあばら家が並び、人々は火縄銃で猟をしていた。ところが5年後になると高速道路みたいな立派な道………[もっと読む]

[評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]歴史 

イギリスに学ぶ商店街再生計画 [著]足立基浩

イギリスに学ぶ商店街再生計画 [著]足立基浩

■車依存の郊外居住から転換 シャッター通りを甦(よみがえ)らせ、中心市街地を再生させることが、今後の政治・経済の最重要課題である。日本においてのみならず、世界において、危急である。なぜなら、街の………[もっと読む]

[評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]経済 社会 

民謡の発見と〈ドイツ〉の変貌―十八世紀 [著]吉田寛

民謡の発見と〈ドイツ〉の変貌―十八世紀 [著]吉田寛

■「野生の歌」国民精神の基盤に 一見すると難解な「ドイツ音楽論」風だが、じつはその改革が音楽の専門筋からでなく哲学・文学からの幅広い運動に負っていた事情を解き明かす刺激的な本だ。 近代的な国家・………[もっと読む]

[評者]荒俣宏(作家)
[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 

クマムシ博士の「最強生物」学講座 [著]堀川大樹

クマムシ博士の「最強生物」学講座 [著]堀川大樹

 マイナス273度の低温をしのぎ、水深1万メートルの75倍の圧力に耐え、宇宙空間に10日間さらされても大丈夫。そんな「最強生物」クマムシの研究者による科学エッセー。 体長0.1〜1ミリの彼ら。実………[もっと読む]

[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]科学・生物 

雨のなまえ [著]窪美澄

雨のなまえ [著]窪美澄

 気づけばぐっしょりとぬれている雨。どしゃぶりの雨。五つの短編はどれも雨が降っている。 認知症の義母をみながらスーパーで働く私。恋も性も「永遠に剥奪(はくだつ)された」生活は大学生のバイトが来て………[もっと読む]

[掲載]2013年11月10日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ