2013年12月08日の書評一覧

動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 [著]千葉雅也

動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 [著]千葉雅也

■繋がり過ぎる時代、あえて留まること 思想家を論じるには大きく二通りの方向がある。「○○は何を考えていたか」と「○○から何が考えられるか」。もちろんどちらかを選ぶということではなく、両者は分かち………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]社会 

死小説 [著]荒木経惟

死小説 [著]荒木経惟

■文字使わず遍歴つづる能の物語 荒木経惟が「死小説」と題する小説を書いたというが文字は一字もない。だからといって小説ではないとは言えまい。著者の言いたいのは「視小説」ではないのか。写真も立派な視………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

民主主義のつくり方 [著]宇野重規

民主主義のつくり方 [著]宇野重規

■<習慣>から未来への展望探る こんな柔らかい言葉で現代政治について論じる人は、日本の政治学者のなかではめずらしいのではないか。 以前、この人が〈身体〉という概念を用いて政治史を論じている文章に………[もっと読む]

[評者]鷲田清一(大谷大学教授・哲学)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]政治 

「3・11」と歴史学 [編]研究会「戦後派第一世代の歴史研究者は21世紀に何をなすべきか」

「3・11」と歴史学 [編]研究会「戦後派第一世代の歴史研究者は21世紀に何をなすべきか」

■命の視点で歴史学総体を見直す 本書の「はしがき」に〈歴史学は、地球、宇宙という意味での「自然」と、「類」としての「人類」の歩みとの関係の問題に、正面から立ち向かう必要がある〉と書かれている。つ………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]歴史 

少国民戦争文化史 [著]山中恒

少国民戦争文化史 [著]山中恒

■消された愚行の実体に迫る 「少国民」とは、第二次大戦中の呼称で、年少の国民のことである。もったいぶった言い方が戦時用語の特色だけど簡単に言えば、少年少女のこと。昭和十二年十一月、大毎小学生新聞………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]歴史 

スズメ つかず・はなれず・二千年 [著]三上修

スズメ つかず・はなれず・二千年 [著]三上修

■身近な鳥には驚きがいっぱい 部屋の窓から、スズメが遊ぶ姿を眺めるのが好きだ。ある日、スズメのヒナが地面をよちよち歩いているのを発見した。おおいに気を揉(も)むも、親スズメがちゃんと餌を運んでお………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]科学・生物 

スーパー・サッド・トゥルー・ラブ・ストーリー [著]ゲイリー・シュタインガート

スーパー・サッド・トゥルー・ラブ・ストーリー [著]ゲイリー・シュタインガート

■評価経済の時代の悲恋物語 冴(さ)えない中年男が、若く美しい女性に恋をした。だが、さまざまな障壁が立ちはだかり、真実の愛を試されて……。などという古典的な設定にそぐわぬ大量の仕掛けが疾走する、………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]文芸 

劣化国家 [著]ニーアル・ファーガソン

劣化国家 [著]ニーアル・ファーガソン

■西洋の「大いなる衰退」の原因 昨今、政治も企業経営も短期的な利益や思惑だけで動くことが増え、それが思わぬ機能不全を引き起こしている。経済危機の頻発といった症状がまさにそうだ。しかも困ったことに………[もっと読む]

[評者]原真人(本社編集委員)
[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]政治 経済 

ゼツメツ少年 [著]重松清

ゼツメツ少年 [著]重松清

 物語は人を救うことができるのか。小説を長く書いてきた作家が、物語の意味に向き合った長編小説。 「センセイ、僕たちを助けてください」。50歳の小説家に、こんな手紙が届く。差出人は中学2年生のタケ………[もっと読む]

[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]文芸 

謎と暗号で読み解く ダンテ『神曲』 [著]村松真理子

謎と暗号で読み解く ダンテ『神曲』 [著]村松真理子

 「西洋史上、最高の文学」とも評されるダンテ『神曲』。さながら言葉で築き上げられた大聖堂だ。一見取っつきにくい古典だが、本書は挑戦する手がかりを与えてくれる一冊。 14世紀初頭に書かれたこの叙事………[もっと読む]

[掲載]2013年12月08日
[ジャンル]人文 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ