2014年01月19日の書評一覧

政治の起源―人類以前からフランス革命まで(上・下) [著]フランシス・フクヤマ

政治の起源―人類以前からフランス革命まで(上・下) [著]フランシス・フクヤマ

■巨視的な視点で〈いま〉捉え直す 国内外問わず、時局的な政治解説に日々接していると、ふと巨視的な視点から〈いま〉を捉え直したくなる。 「政治制度の発展と衰退のメカニズム」に鋭く切り込んだ本書はそ………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]政治 

福島第一原発観光地化計画 [編]東浩紀

福島第一原発観光地化計画 [編]東浩紀

■「ここにあるもの」と向き合う 表紙を見ただけで時代の大きな転換を感じずにいられなかった。震災、原発事故で大きなダメージを受けた福島をテーマにした本が、これほどに派手で、サブカル系ムックを思わせ………[もっと読む]

[評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]社会 

国境〔完全版〕 [著]黒川創

国境〔完全版〕 [著]黒川創

■いかなる線からも自由な視線で 読めば、作品ひいては世界への向き合い方に靴に砂でも入ったみたいな違和が生じ、各自に足下を見直させる。卓越した文学評論の名に値するすべてが本書にはある。 我々は漱石………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]歴史 文芸 

ひとりの体で(上・下) [著]ジョン・アーヴィング

ひとりの体で(上・下) [著]ジョン・アーヴィング

■過去形の甘さを引き出した傑作 アメリカを代表する作家アーヴィングの長編がコンスタントに書かれ続けている。 今回はヴァーモント州の小さな町に生まれたビル少年が、地域のアマチュア劇団に所属する家族………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]文芸 

寿命100歳以上の世界―20××年、仕事・家族・社会はこう変わる [著]ソニア・アリソン

寿命100歳以上の世界―20××年、仕事・家族・社会はこう変わる [著]ソニア・アリソン

■150歳まで死なない未来を予測 もし私たちの平均寿命が150歳になったら、生き方や社会のあり方はどのように変わるだろうか。働き方ひとつとっても、65歳定年とはいかなくなるだろう。家族についても………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]科学・生物 社会 

「流域地図」の作り方―川から地球を考える [著]岸由二

「流域地図」の作り方―川から地球を考える [著]岸由二

■人工的境界、取り払ってみると 昨夏の日本は高温多雨で、台風も多かった。水の被害も相次いだ。その際、警報などの範囲が市区町村であることに違和感を抱いた人はどれだけいるだろうか。多くの水害は、行政………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]社会 新書 

うな丼の未来―ウナギの持続的利用は可能か [編]東アジア鰻資源協議会日本支部

うな丼の未来―ウナギの持続的利用は可能か [編]東アジア鰻資源協議会日本支部

■絶滅に瀕した稀少種どう食べる ついこの前までスーパーの惣菜(そうざい)コーナーにあると思っていたら、急に高騰したうなぎの蒲焼(かばや)き。養殖で安定供給されていると思い込んでいたニホンウナギが………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]科学・生物 

浸透する教養―江戸の出版文化という回路 [編]鈴木健一

浸透する教養―江戸の出版文化という回路 [編]鈴木健一

■庶民も図像で読みこなす 日本人は難しい話を図像化して理解する、と幕末期に長崎医学伝習所で医学を教えたオランダ海軍軍医ポンペも驚いていた。神道家平田篤胤には2歳の門弟までいたが、絵図を上手に使い………[もっと読む]

[評者]荒俣宏(作家)
[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]人文 

物語 岩波書店百年史1~3 [著]紅野謙介・佐藤卓己・苅部直

物語 岩波書店百年史1~3 [著]紅野謙介・佐藤卓己・苅部直

 昨年創業100年を迎えた老舗出版社の歴史は、「教養」をめぐる近代日本史でもある。岩波文庫の創刊(1927年)は、教養をだれでも手にできるものにした(1巻・紅野著「『教養』の誕生」)。「岩波講座………[もっと読む]

[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]歴史 

ノボさん―小説正岡子規と夏目漱石 [著]伊集院静

ノボさん―小説正岡子規と夏目漱石 [著]伊集院静

 俳人、正岡子規の生涯をたどった長編小説。野球に夢中になった、おおらかな青春時代から、病床に縛られた苦しい晩年まで、やわらかな筆致でたどる。 家族や友人はみな「ノボさん」と親しげに呼びかける。な………[もっと読む]

[掲載]2014年01月19日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ