2014年05月04日の書評一覧

自由か、さもなくば幸福か? 二一世紀の〈あり得べき社会〉を問う [著]大屋雄裕

自由か、さもなくば幸福か? 二一世紀の〈あり得べき社会〉を問う [著]大屋雄裕

■監視社会化を積極的に評価 全ての人間の身体にGPS機能付きのチップが埋め込まれた社会を想定してみよう。GPSとは、人工衛星を用いてその対象が地球上のどこにいるのかを正確に測定するシステムのこと………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]社会 

心の流浪 挿絵画家・樺島勝一 [著]大橋博之

心の流浪 挿絵画家・樺島勝一 [著]大橋博之

■「ペン画の神様」の生涯と時代 生前、山田風太郎氏宅を訪ねた時、応接間に『樺島勝一ペン画集』が飾られていた。風太郎さん世代から僕たち戦中、戦後世代にかけて樺島勝一は「ペン画の神様」としてその存在………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝 

日記で読む文豪の部屋 [著]柏木博

日記で読む文豪の部屋 [著]柏木博

■「私」と自宅の関係を徹底分析 名だたる文豪のユニークな自宅が題材となっているが、日本人にとって自宅とは何なのか、人間にとってそもそも家とは何なのか、が本書の真のテーマである。文豪はサンプルであ………[もっと読む]

[評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]人文 

半自叙伝 [著]古井由吉

半自叙伝 [著]古井由吉

■幼年との往復、積み重なる記憶 人は生き続ける限り、心の奥深くにいくつもの記憶を少しずつ積み重ねる。それらの記憶は、たいてい年齢を経るごとに移ろい変容してゆく。輪郭がぼやけて忘れてしまう場合もあ………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]人文 ノンフィクション・評伝 

東北を聴く 民謡の原点を訪ねて [著]佐々木幹郎

東北を聴く 民謡の原点を訪ねて [著]佐々木幹郎

■祈りの空間に耳を傾けてみる 「がんばろう東北」。あなたは本当はそんなことが言いたいのだろうか? 言葉が見つからないだけではないだろうか? ならば、いっそ沈黙し、耳を傾けてみてはどうだろうか。東………[もっと読む]

[評者]赤坂真理(作家)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

人口の世界史 [著]マッシモ・リヴィ‐バッチ

人口の世界史 [著]マッシモ・リヴィ‐バッチ

■繁栄、安定、安全に迫る危機 人口の増減が経済・社会に与える影響を述べた書は数多(あまた)あるが、「人間の歴史を通して、人口は繁栄、安定、安全と同義だった」と書き出す本書は、人口増減の理由を根源………[もっと読む]

[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]社会 

大正ロマンの真実 [著]三好徹

大正ロマンの真実 [著]三好徹

■時代に躍った人びとの姿を活写 大正時代は15年、その間に起こった政治、軍事、文化に関わる事件・事象を選び、そこに躍った人びとの姿が活写される。大正の空気(大正ロマンとか大正デモクラシーとか称さ………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]歴史 

迫りくる「息子介護」の時代 28人の現場から [著]平山亮

迫りくる「息子介護」の時代 28人の現場から [著]平山亮

■超高齢社会が変える介護の常識 この国で進行中の超高齢社会は、確実にこれまでの介護の常識を変えるだろう。本書は、主要な介護の担い手とは考えられてこなかった、働き盛りの男性による老親介護に光を当て………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]社会 

私に似た人 [著]貫井徳郎

私に似た人 [著]貫井徳郎

 あちらこちらで小さなテロが起きる。指導者がいるわけでも組織があるわけでもないのに、いつのまにか日常化したテロを人々は「小口テロ」と呼ぶようになった。その真相を、まるで薄皮を1枚1枚はいでいくよ………[もっと読む]

[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]文芸 

銀座Hanako物語 バブルを駆けた雑誌の2000日 [著]椎根和

銀座Hanako物語 バブルを駆けた雑誌の2000日 [著]椎根和

 1988年創刊で、高級ブランドやレストランの特集を次々と組み、東京で圧倒的な存在感を放った雑誌「Hanako」。創刊から5年余り編集長を務めた著者による回顧エッセー。「無謀さこそが雑誌づくりの………[もっと読む]

[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ