2014年10月19日の書評一覧

ドキュメント平成政治史 (1)崩壊する55年体制(2)小泉劇場の時代 [著]後藤謙次

ドキュメント平成政治史 (1)崩壊する55年体制(2)小泉劇場の時代 [著]後藤謙次

■権力闘争の実相、舞台裏から検証 目下の日本の政治はほとんど戦前の大政翼賛会の様相を呈してきた。過去の自民党の体質を知る人々も、保守主義の変質、リベラリズムの衰退、寛容さや多様性の欠如を指摘して………[もっと読む]

[評者]島田雅彦(作家・法政大学教授)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]政治 社会 

徘徊タクシー [著]坂口恭平

徘徊タクシー [著]坂口恭平

■のぞいてみたい、別次元の世界 認知症の高齢者が一万人も行方不明になっていると知り、衝撃を受けている。彼らはどこに行ってしまったのだろう。いや、どこに向かって行こうとしていたのだろう。 介護する………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]文芸 

コールド・スナップ [著]トム・ジョーンズ

コールド・スナップ [著]トム・ジョーンズ

■生々しい「声」で綴る魂の物語 舞城王太郎が登場した時、何よりもまず、その文体に、いや、その声=ヴォイスに衝撃を受けたものだった。それ以前に読んできた、いかなる小説とも全く異なった、畳み掛けるよ………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]社会 

おだまり、ローズ—子爵夫人付きメイドの回想 [著]ロジーナ・ハリソン

おだまり、ローズ—子爵夫人付きメイドの回想 [著]ロジーナ・ハリソン

■主従でも家族でもない貴い関係 アスター子爵夫人ナンシーは、イギリス初の女性下院議員で、才色兼備な社交界の花形だった。彼女にメイドとして三十五年間も仕えたのが、本書の著者(ローズ)だ。 豪勢な社………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 

マラソンと日本人 [著]武田薫

マラソンと日本人 [著]武田薫

■明治以来の「走る」異端児たち マラソンと駅伝。どちらも日本人には人気の高いスポーツである。前者は明治末期から、後者は大正期から国内で大会が開かれている。 しかし、前者はオリンピックやボストンマ………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]社会 

海賊たちの黄金時代 [著]マーカス・レディカー、海賊と資本主義 [著]ロドルフ・デュランほか

海賊たちの黄金時代 [著]マーカス・レディカー、海賊と資本主義 [著]ロドルフ・デュランほか

■時代の先を進んだ荒くれたち 『海賊たちの黄金時代』は生きるために海賊にならざるを得なかった最下層の人々が、資本主義社会への移行期において自らの思うままに生きた姿を「階級闘争」という視点から描い………[もっと読む]

[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]社会 

上野英信・萬人一人坑—筑豊のかたほとりから [著]河内美穂

上野英信・萬人一人坑—筑豊のかたほとりから [著]河内美穂

■庶民を記録した文筆家を追う ルポルタージュ作家、あるいは記録作家として、上野英信は幾つかの秀(すぐ)れた作品を残している。爆弾三勇士に関わる論説、ドキュメントは、昭和史の中に貴重な視点を示した………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

チューリングの妄想 [著]エドゥムンド・パス・ソルダン

チューリングの妄想 [著]エドゥムンド・パス・ソルダン

■魔術性盛り上げる祝祭的構成 著者はボリビア出身の中堅作家。ラテンアメリカの文学といえば、魔術的リアリズムや祝祭的多声性が連想されるが、この作品はそれらの系譜を引きつつも、独自の世界を新しい感覚………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]文芸 

お勝手太平記 [著]金井美恵子

お勝手太平記 [著]金井美恵子

 59歳で「はじめて結婚」したアキコさんが、50年来の女友達たちに書いた約50通の書簡。病後の消息伺いかと思うと相手の昔の駆け落ちとその後、ちらしずし製作騒動に岩波少年文庫の『小公女』と脱線に次………[もっと読む]

[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]文芸 

未承認国家と覇権なき世界 [著]廣瀬陽子

未承認国家と覇権なき世界 [著]廣瀬陽子

 コソボ、北キプロス、南オセチア……。主権国家として宣言しているが、国際的に承認されていない「国」を未承認国家という。ソ連崩壊後、注目されるようになった。未承認国家が生まれる背景には、「領土保全………[もっと読む]

[掲載]2014年10月19日
[ジャンル]社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ