2014年12月14日の書評一覧

科学・技術と現代社会(上・下) [著]池内了

科学・技術と現代社会(上・下) [著]池内了

■研究者の倫理問う、著者畢生の科学論 科学と社会の関係について積極的に発言を続けてきた著者の集大成。池内了、畢生(ひっせい)の科学論である。 この宇宙物理学者は、1995年の地下鉄サリン事件をき………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]科学・生物 社会 

献灯使 [著]多和田葉子

献灯使 [著]多和田葉子

■震災後の不吉な未来を予言 本書収録の「不死の島」を最初に読んだときの、深く暗い深淵(しんえん)にたたき落とされるような衝撃は、今も忘れられない。東日本大震災と原発事故以後の時間に小説家たちがど………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]文芸 

オウリィと呼ばれたころ—終戦をはさんだ自伝物語 [著]佐藤さとる

オウリィと呼ばれたころ—終戦をはさんだ自伝物語 [著]佐藤さとる

■戦時下、志したファンタジー 子ども時代、コロボックルという小指くらいの人が出てくる物語に夢中になった。自分の側(そば)にもいるのではないかとカーテンをめくってみたものだ。似たような経験を持つひ………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]文芸 

哲学散歩 [著]木田元

哲学散歩 [著]木田元

■強烈な個性と印象深い逸話 今夏亡くなった哲学者によるエッセー。古代ギリシャから20世紀にいたる哲学者たちの逸話が飄々(ひょうひょう)と綴(つづ)られ、そこから思想の解説へとすんなり繋(つな)が………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]社会 

重層的地域としてのアジア—対立と共存の構図 [著]大庭三枝

重層的地域としてのアジア—対立と共存の構図 [著]大庭三枝

■複雑に折り重なり、「共同体」へ とかくアジアはややこしい。 アジア太平洋、東アジア、東南アジア、北東アジア……。境界は幾重にも交錯する。さらに、それぞれを基盤に、アジア太平洋経済協力会議(AP………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]社会 

経済政策で人は死ぬか?—公衆衛生学から見た不況対策 [著]デヴィッド・スタックラー、サンジェイ・バス

経済政策で人は死ぬか?—公衆衛生学から見た不況対策 [著]デヴィッド・スタックラー、サンジェイ・バス

■無謀な緊縮策は生命に悪影響 「借りたものは返す」、これは社会常識だ。しかし経済危機下ですべてを犠牲にしても、債務返済を最優先すべきだろうか。この書物は、著者たちが公衆衛生学の観点から経済・財政………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]経済 社会 

いとの森の家 [著]東直子

いとの森の家 [著]東直子

■伝説に出会い成長を遂げる少女 福岡市内の団地に住んでいた小学4年生の主人公が、父の決断で郊外の糸島半島の丘の上に建てられた一戸建てに引っ越してくるところから物語は始まる。そこは、都会の福岡とは………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]文芸 

狂講—深井志道軒—トトントン、とんだ江戸の講釈師 [著]斎田作楽

狂講—深井志道軒—トトントン、とんだ江戸の講釈師 [著]斎田作楽

■権威も良識も笑いのめした男 深井志道軒の名前は、浅草で付き合いの長い人たちからよく聞いている。18世紀中盤、浅草寺の境内によしず張りをし、軍談を講釈した。 フツーの講釈師ではなかった。書名にも………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

死にたくなったら電話して [著]李龍徳

死にたくなったら電話して [著]李龍徳

 「チラシのモデル程度」に整った容姿の3浪のフリーター徳山久志は、職場仲間に誘われて行った大阪・十三(じゅうそう)のキャバクラで「淀川区一の美人」に「死にたくなったら電話してください」の走り書き………[もっと読む]

[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]社会 

原発利権を追う—電力をめぐるカネと権力の構造 [著]朝日新聞特別報道部

原発利権を追う—電力をめぐるカネと権力の構造 [著]朝日新聞特別報道部

 原発を巡る裏資金の流れは、検察や国税当局も解明しきれなかった。本書はその実態に迫った。ほとんど表に出てこなかった「東電の影」と呼ばれるキーマンの素顔を描き、再稼働する見通しの川内原発を抱える九………[もっと読む]

[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ