2015年03月22日の書評一覧

日本まんが〈壱〜参〉 [編著]荒俣宏

日本まんが〈壱〜参〉 [編著]荒俣宏

■生きた歴史語る、巨人たちの肉声 一大表現ジャンルとなった「日本まんが」。だが、誕生から変遷に至る道筋は平坦(へいたん)ではなく、下位文化としての逆風にさらされてきた。今日のような隆盛を可能にし………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]政治 社会 

すべては1979年から始まった―21世紀を方向づけた反逆者たち [著]クリスチャン・カリル

すべては1979年から始まった―21世紀を方向づけた反逆者たち [著]クリスチャン・カリル

■「革命」「進歩」の近代に幕引き 本書によれば、21世紀は1979年から始まった。この年、五つの出来事(物語)が17〜20世紀を規定してきた近代に挑戦したのだった。 それは、中国文化大革命を終わ………[もっと読む]

[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]政治 社会 

ヒトラーと哲学者―哲学はナチズムとどう関わったか [著]イヴォンヌ・シェラット

ヒトラーと哲学者―哲学はナチズムとどう関わったか [著]イヴォンヌ・シェラット

■言葉生み出す行動にも責任を 冒頭に哲学はドイツの文化の象徴であり哲学者は名士であるとの言葉が出てくる。これまで精査されてこなかったナチスと哲学者との関係に著者が切り込んだ背景には、まさにこのよ………[もっと読む]

[評者]角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]人文 

老北京の胡同―開発と喪失、ささやかな抵抗の記録 [著]多田麻美 [写真]張全

老北京の胡同―開発と喪失、ささやかな抵抗の記録 [著]多田麻美 [写真]張全

■路地は相互扶助・情報交換の装置 中国の路地のことを胡同(フートン)という。暗いグレーのレンガの壁が延々と続き、狭く、長く、全く迷宮である。レンガ壁の裏側に、大小様々な中庭型住宅が並び、これが北………[もっと読む]

[評者]隈研吾(建築家・東京大学教授)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]歴史 社会 

猪変 [編]中国新聞取材班

猪変 [編]中国新聞取材班

■海を渡る厄介者、苦闘今なお 昨年秋ごろ。瀬戸内海を泳ぐ猪(いのしし)の映像が全国ニュースで流れた。コミカルな音楽付きで、女性アナウンサーの「微笑(ほほえ)ましい」といわんばかりの口調に、気が遠………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]文芸 

蒙古襲来 [著]服部英雄

蒙古襲来 [著]服部英雄

■「神風」が吹いたのは真実か 私の師、中世史家・石井進がもっとも愛した弟子がこの本の著者・服部英雄である。地域に密着しての綿密な取材には定評があり、著書は数々の賞に輝く。その彼が日本が体験した数………[もっと読む]

[評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]歴史 

「日本人と英語」の社会学―なぜ英語教育論は誤解だらけなのか [著]寺沢拓敬

「日本人と英語」の社会学―なぜ英語教育論は誤解だらけなのか [著]寺沢拓敬

■根拠のない言説をただす グローバル化の進展によって英語の必要性はますます高まっている——。教育現場でも、職場でも、マスコミでもよくいわれることだ。こうした言説にはしかし、何の根拠もないことを本………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]政治 社会 

島と人類 [著]足立陽

島と人類 [著]足立陽

■語りがいざなう「丸裸」の面白さ 冒頭からしばらく続く語りが小説の面白さのメディア的核心を突いていて、小魚が罠(わな)の奥へ動いて行ってしまうように、私たち読者もこの優しい追い込み漁に引っかかる………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]文芸 

男役 [著]中山可穂

男役 [著]中山可穂

 宝塚歌劇の舞台には語り継がれてきた伝説がある。50年前、黒バラのプリンスと称された男役スターがトップ披露公演の2日目に舞台装置の事故で死亡。以来、守護神「ファントムさん」として劇場をさまよって………[もっと読む]

[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]文芸 

ニッポンの裁判 [著]瀬木比呂志

ニッポンの裁判 [著]瀬木比呂志

 帯に「明日はあなたも殺人犯!!」とある。まさかと思いつつ、本書で紹介される恵庭OL殺人事件の再審請求棄却決定(札幌地裁)の認定を読むと、著者ならずとも「可能性に可能性を重ね、無理に無理を重ね、………[もっと読む]

[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]政治 社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ