2015年05月17日の書評一覧

宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学 [著] 塚田穂高

宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学 [著] 塚田穂高

■政党作る団体に切り込む行動力 泡沫(ほうまつ)候補という言葉がある。選挙で当選する見込みがきわめて薄い候補者のことだ。彼らは、たとえ一時的に話題に上がることはあっても、時間がたつにつれ忘れ去ら………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]政治 人文 社会 

ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン [著] ダーグ・ソールスター

ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン [著] ダーグ・ソールスター

■奇妙で熱心な生の探求者 村上春樹がノルウェー滞在中に出会い英語版から訳出した日本で初紹介のノルウェー作家の小説だ。重訳になっても訳さずにいられなかったと訳者あとがきにあるが、そう思うのも当然に………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]文芸 

草木成仏の思想 安然と日本人の自然観 [著] 末木文美士

草木成仏の思想 安然と日本人の自然観 [著] 末木文美士

■人間の傲慢がもたらす自然の怒り ひところ「山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)」という言葉がよく使われた。成仏とは仏になること。また心の働きをもつ「有情」に対し、心の働きのな………[もっと読む]

[評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]人文 

人工授精の近代 戦後の「家族」と医療・技術 [著] 由井秀樹

人工授精の近代 戦後の「家族」と医療・技術 [著] 由井秀樹

■「子を産むべき」の呪縛の強さ 人工授精、体外受精、代理母……。次々に新手が現れる不妊対策。その背景に「結婚と出産を一体」のものと認識し、「夫婦と血のつながりがある子を妻が出産する」ことを規範と………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]科学・生物 

大瀧詠一 Writing & Talking [著] 大瀧詠一

大瀧詠一 Writing & Talking [著] 大瀧詠一

■世界的視野でポップス分析 アルバム「ロング・バケイション」をはじめ、多くのヒット作を残し、二〇一三年に惜しまれて亡くなられた、音楽家の大瀧詠一による、さまざまな種類の言葉が網羅された大著だ。 ………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち [著] ベン・シェファード

遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち [著] ベン・シェファード

■数百万人、大戦最大の「後遺症」 欧州は歴史のかさぶたに覆われている。乾いて癒えたように見える皮膚もあれば、血がにじんでいる傷口もある。 その一枚をめくると、第2次世界大戦が欧州に残した数百万人………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]歴史 国際 

ウィーン大学生フロイト 精神分析の始点 [著] 金関猛

ウィーン大学生フロイト 精神分析の始点 [著] 金関猛

■不条理な心、合理的な分析貫く フロイトの精神分析は、しばしば胡散臭(うさんくさ)く非科学的とされる。だが本書は、ウィーン大学の学生時代にフロイトが何をどう学んだかを丹念に復元することにより、そ………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

牛と土 福島、3・11その後。 [著] 眞並恭介

牛と土 福島、3・11その後。 [著] 眞並恭介

■巨大な矛盾に対峙する牛飼い 食べられない肉牛、売れない乳を出す乳牛に、経済的価値はない。しかしそれでも、牛は生きている。原発事故が起き、政府に安楽死させるよういわれたからといって、大切に飼って………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]社会 

イタリアのしっぽ [著] 内田洋子

イタリアのしっぽ [著] 内田洋子

 長年、イタリアに暮らし、出会った人々を描き続ける内田洋子さんの新エッセー集は、動物や植物を通じた出会いがテーマ。 獣医になるため上流階級を捨てた女性や、ペットの猿と一時も離れられない男性……。………[もっと読む]

[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

あしたのこころだ 小沢昭一的風景を巡る [著] 三田完

あしたのこころだ 小沢昭一的風景を巡る [著] 三田完

 俳優、放浪芸の研究者、俳人など、いくつもの顔を持っていた小沢昭一さん(1929〜2012)。ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の台本作者だった著者が、その人物像や芸の秘密を探った。NHK………[もっと読む]

[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ