2016年01月17日の書評一覧

21世紀の不平等 [著]アンソニー・B・アトキンソン

21世紀の不平等 [著]アンソニー・B・アトキンソン

■上手な再分配策を!明快で具体的提言 それにしても、政府はいつになったら再分配政策に本気を出すのだろう。経済政策の三本柱といえば「安定」「成長」「再分配」。だが、アベノミクス「第一の矢」でも「第………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]政治 社会 

新カラマーゾフの兄弟(上・下) [著]亀山郁夫

新カラマーゾフの兄弟(上・下) [著]亀山郁夫

■混沌の時代、「父殺し」の今を問う ドストエフスキーの愛読者であった黒澤明は『白痴』を映画化しただけでなく、『酔いどれ天使』や『悪い奴ほどよく眠る』にもドストエフスキーの作中人物を脚色したような………[もっと読む]

[評者]島田雅彦(作家・法政大学教授)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]社会 

私たちはどこから来て、どこへ行くのか [著]森達也

私たちはどこから来て、どこへ行くのか [著]森達也

■“納得”求め、科学ととことん格闘 圧巻の面白さと圧倒的な違和感が同居する。しかも両者は同じ現象の裏表。であれば、読み出したら止まらなくなるのは当然だろう。 著者は言わずとしれた、オウム真理教を………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]科学・生物 社会 

清水幾太郎―異彩の学匠の思想と実践 [著]庄司武史

清水幾太郎―異彩の学匠の思想と実践 [著]庄司武史

■多作の思想家、忘却した言論空間 生前90冊余の著書を出した清水幾太郎だが、今や「忘れ去られた思想家」と言われる。覚えている人にしても60年に安保反対運動を率い、80年代には核武装論を唱える等、………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]社会 

パクリ経済―コピーはイノベーションを刺激する [著]K・ラウスティアラ、C・スプリグマン

パクリ経済―コピーはイノベーションを刺激する [著]K・ラウスティアラ、C・スプリグマン

■複製は悪か、利益と創造の源か 本書が一貫して主張するのは、コピーは必ずしも創造性を萎縮させるのではなく、むしろイノベーションを刺激するケースが存在することだ。1970年代にビデオデッキが登場し………[もっと読む]

[評者]五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]経済 社会 

愛国的無関心―「見えない他者」と物語の暴力 [著]内藤千珠子

愛国的無関心―「見えない他者」と物語の暴力 [著]内藤千珠子

■「伏字的死角」に宿る歴史分析 本書には二つのキーワードがある。一つは「愛国的無関心」。「現在の愛国的空気が、近代日本の帝国主義に基づく無関心に起因」と定義づけられる。二つは「伏字(ふせじ)的死………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]政治 社会 

童謡の近代―メディアの変容と子ども文化 [著]周東美材(よしき)

童謡の近代―メディアの変容と子ども文化 [著]周東美材(よしき)

■ポップスとアイドル誕生の起源 本書がまず語るのは、「童謡」を手掛かりにして、その誕生と拡大にメディアがどのように関わってきたかだ。同時に、「子どもの身体」がメディアになにをもたらしたか。こうし………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]社会 

限界費用ゼロ社会―〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭 [著]ジェレミー・リフキン

限界費用ゼロ社会―〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭 [著]ジェレミー・リフキン

■所有からシェアへ、変革を予言 社会主義経済体制は崩壊、資本主義にオールタナティブはないと我々は思い込んできた。しかし本書は大胆にも、それが「共有型経済」にとって代わられると予言する。 変化を引………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]社会 

愛のようだ [著]長嶋有

愛のようだ [著]長嶋有

 不器用で繊細な恋愛小説だ。中年になって運転免許を取得したフリーライターの戸倉が、友人の恋人でがんを患う琴美に対して「いきなり生じた変な気持ち」に戸惑う。 物語の舞台のほとんどは、友人や仕事仲間………[もっと読む]

[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]文芸 

魔法の世紀 [著]落合陽一

魔法の世紀 [著]落合陽一

 20世紀が「映像の世紀」だとすれば、21世紀は「魔法の世紀」だと、メディアアーティストの著者はいう。コンピューター開発の流れは、3Dプリンターのようにディスプレーの外側へと「染み出し」、イメー………[もっと読む]

[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ