2016年02月14日の書評一覧

世界文学論集 [著]J・M・クッツェー

世界文学論集 [著]J・M・クッツェー

■古典も率直に検証、南ア出身者の透徹 かつて「世界文学」とは、まず西ヨーロッパとイギリス及びロシアの巨匠、北米・中南米の著名作家、最後にその他が若干、といったものだった。いまや「その他」こそが世………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]文芸 

毒親の棄て方 [著]スーザン・フォワード 謎の毒親 [著]姫野カオルコ

毒親の棄て方 [著]スーザン・フォワード 謎の毒親 [著]姫野カオルコ

■呪縛を解けず、まるで妖怪 子どもに精神的、肉体的な害悪を及ぼす親がいる。アメリカの精神医学者スーザン・フォワードはこれを「毒になる親(toxic parents)」と呼び、日本では2013年頃………[もっと読む]

[評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]歴史 社会 

アトランティスへの旅―失われた大陸を求めて [著]マーク・アダムス

アトランティスへの旅―失われた大陸を求めて [著]マーク・アダムス

■愛の影に取り憑かれた人々 アトランティスは、プラトンの著作のなかで言及された島だ。とても栄えていたのに、一晩で海に没したという。大半のひとは、アトランティスなんて作り話だと思っているだろう。 ………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]歴史 文芸 

帝国日本の生活空間 [著]ジョルダン・サンド

帝国日本の生活空間 [著]ジョルダン・サンド

■ささやかな日常で描く世界地図 人とモノが激しく移動し、文化が混交・変容していく、ダイナミックな世界地図が浮かびあがるような研究だ。が、グローバリズムの現代を分析したものではない。これは20世紀………[もっと読む]

[評者]五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]歴史 社会 

未成年 [著]イアン・マキューアン

未成年 [著]イアン・マキューアン

■「意思」と「生命」、尊重すべきは イギリスを代表する小説家イアン・マキューアンは、次はどんなテーマで来るかと毎度固唾(かたず)を飲ませる人である。彼のものなら内容の如何(いかん)にかかわらず手………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]文芸 社会 

墨痕―書芸術におけるモダニズムの胎動 [著]栗本高行

墨痕―書芸術におけるモダニズムの胎動 [著]栗本高行

■文字か形象か、本質捉える挑戦 書は文字か、それとも形象だろうか。何という言葉が書かれているかを読もうとするならば、それは文学作品に通じる視点。一方、文字がどんな輪郭や線で構成されているかに着目………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]文芸 

アンドロイドは人間になれるか [著]石黒浩

アンドロイドは人間になれるか [著]石黒浩

■ロボットと「交流」、自ら実験台 石黒浩は型破りの研究者だ。マツコ・デラックスのそっくりロボット製作者として御存知(ごぞんじ)の方も多いかもしれない。あれが彼のやり方である。人間そっくりのロボッ………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]社会 

2時間で走る―フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦 [著]エド・シーサ

2時間で走る―フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦 [著]エド・シーサ

■「神の頂」に迫る栄光と苦悩 人間はエベレストに登頂できたが、フルマラソンの記録はいまだ2時間を切れない。その「神の頂」に迫るトップランナーたちの生き様を追ったノンフィクションだ。 マラソン界を………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]人文 

植物たち [著]朝倉かすみ

植物たち [著]朝倉かすみ

 人間たちの振る舞いを、植物になぞらえて描いた短編集。物語の始まりに、必ず植物の解説がつく。他の植物にくっついて生きる「コウモリラン」で始まるのは、若い男性を家に住ませる年配女性の物語。条件に恵………[もっと読む]

[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]文芸 

クルアーンを読む [著]中田考、橋爪大三郎

クルアーンを読む [著]中田考、橋爪大三郎

 スンナ派信徒のイスラム法学者とイスラムの内側から世界を見たいという社会学者による、互いの学識をフル稼働させた建設的な対談集。副題は「カリフとキリスト」。例えば、クルアーン(コーラン)の特異な位………[もっと読む]

[掲載]2016年02月14日
[ジャンル]社会 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ