2016年06月12日の書評一覧

クロコダイル路地(1・2) [著]皆川博子

クロコダイル路地(1・2) [著]皆川博子

■革命の正義が秘める暗黒面 皆川博子の新作は、革命期のフランスと19世紀初頭のイギリスを舞台にした壮大な物語で、歴史小説としても、ミステリーとしても、幻想小説としても楽しめる重層的な作品である。………[もっと読む]

[評者]末國善己 (文芸評論家)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]文芸 

あの素晴らしき七年 [著]エトガル・ケレット

あの素晴らしき七年 [著]エトガル・ケレット

■笑いと日常、その陰にあるもの 短編の名手として知られる。絵本もつくるし、映像も手がける。 文学イベントでいそがしく世界中を飛び回っており、昨年は日本へもきた。 一口でいえば、奇妙な話の書き手で………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]文芸 

亡き人へのレクイエム [著]池内紀

亡き人へのレクイエム [著]池内紀

■生死を超え親しく言葉交わす 同じ電車に乗り合わせた客たちとは、同じ時間を生きている。だがそのうちの一人として名前すら知らない。逆に愛読している本の著者は、もうこの世にいなかったりする。限られた………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

『痴人の愛』を歩く [著]樫原辰郎

『痴人の愛』を歩く [著]樫原辰郎

■発見、想像、思索、小説に導かれ 小説の記述をもとに、著者は、『痴人の愛』を歩く。文字通り地図に沿ってまず浅草から出発するが、なにより共感するのは歩き方だ。歩きつつ、ふと目に入ったものから、べつ………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]文芸 

ガルブレイス―アメリカ資本主義との格闘 [著]伊東光晴

ガルブレイス―アメリカ資本主義との格闘 [著]伊東光晴

■現実に挑んだ、本質射抜く言葉 名著『ケインズ』を擁する著者が、20世紀アメリカを代表する経済学者ガルブレイスに取り組み、その思想がもつ現代的意義を見事に浮かび上がらせた。 ガルブレイスは、アメ………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]経済 

ザ・カルテル(上・下) [著]ドン・ウィンズロウ

ザ・カルテル(上・下) [著]ドン・ウィンズロウ

■麻薬戦争の絶望を映す娯楽小説 メキシコ麻薬戦争を描いた本書は一気読み保証のエンタメ小説だが、その領域だけにとどまらない。読者はメキシコの絶望的状況を直視し、悩むことになる。 麻薬戦争は2006………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]文芸 

英語と日本軍―知られざる外国語教育史 [著]江利川春雄

英語と日本軍―知られざる外国語教育史 [著]江利川春雄

 最近では小学校から大学まで「英語一辺倒主義」教育が貫かれている。グローバル化する世界で「戦える」人材育成のためと謳(うた)われるが、それは本当に新しく、正しい教育方法なのか。 旧日本軍の外国語………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]歴史 

時代の正体 vol.2―語ることをあきらめない [著]神奈川新聞「時代の正体」取材班

時代の正体 vol.2―語ることをあきらめない [著]神奈川新聞「時代の正体」取材班

 中立公正ぶっちゃって、近頃の新聞は歯がゆい。そんな不満を抱える読者に神奈川新聞の一撃は新鮮だった。「ええ、偏っていますが、何か」。同紙「時代の正体」シリーズに寄せられた偏向報道だという批判に答………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2016年06月12日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ