2016年10月09日の書評一覧

クレムリン―赤い城塞の歴史 [著]キャサリン・メリデール

クレムリン―赤い城塞の歴史 [著]キャサリン・メリデール

■時代の栄光、凝縮された空間 周りを2キロあまりの城壁で囲まれ、さまざまな時代の様式による宮殿や聖堂、教会、塔などが林立する空間。それがクレムリンである。決して広いとはいえない空間のなかに、江戸………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]歴史 

すべての見えない光 [著]アンソニー・ドーア

すべての見えない光 [著]アンソニー・ドーア

■重なり響き合う少年少女の時間 世の中にはまれに、読み終えるのが惜しい小説がある。そうしてさらにごくまれに、ひとつひとつの段落を読み終えるのが惜しくなる小説がある。本書はそんな、たぐいまれな作品………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]文芸 

14歳のための宇宙授業―相対論と量子論のはなし [著]佐治晴夫

14歳のための宇宙授業―相対論と量子論のはなし [著]佐治晴夫

■数式を一編の詩と見なして読む 音楽に携わって以来常々感じていたことだが、音楽と物理学はどこかでつながっているという気がする。音楽にも方程式のような考えがあり、過去の偉業(あるいは名曲)の蓄積の………[もっと読む]

[評者]細野晴臣(音楽家)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]文芸 

近代科学のリロケーション [著]カピル・ラジ

近代科学のリロケーション [著]カピル・ラジ

■インドで協力して築かれた土台 近代科学は純粋に西ヨーロッパ発のものとして理解されるべきなのだろうか。そうではない、という非ヨーロッパ出身者の反論は、自分が属する文化に科学的思考はすでに存在して………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]科学・生物 

現代ゲーム全史―文明の遊戯史観から [著]中川大地

現代ゲーム全史―文明の遊戯史観から [著]中川大地

■社会変えた歴史に迫る本格批評 今年6月に出た小山友介『日本デジタルゲーム産業史』(人文書院)など、デジタルゲームの歴史を総括する労作が増えている。本書もその一つで、黎明期(れいめいき)から「ポ………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]政治 社会 

原爆ドーム―物産陳列館から広島平和記念碑へ [著]頴原澄子

原爆ドーム―物産陳列館から広島平和記念碑へ [著]頴原澄子

■取り壊し免れた“絵になる廃虚” 世界遺産に登録された原爆ドームは、最初からその価値が認められていたわけではない。1950年頃から誰言うとなく「原爆ドーム」と呼ぶようになり、市議会で永久保存が決………[もっと読む]

[評者]五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]歴史 

ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす―ビッグデータの残酷な現実 [著]C・ラダー

ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす―ビッグデータの残酷な現実 [著]C・ラダー

 著者は出会いサイトの運営者、邦題は安っぽいハウツー本のようとくれば、いかがわしい本と思われるかもしれないが、あにはからんや、中身はいたって真っ当なデータサイエンスの入門書だ。統計や手法の詳細に………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]科学・生物 

松山俊太郎 蓮の宇宙 [著]松山俊太郎 [編]安藤礼二

松山俊太郎 蓮の宇宙 [著]松山俊太郎 [編]安藤礼二

 松山俊太郎は気になる存在だった。生前の彼と面識のあったファンたちがその怪人ぶりを実に情熱的に語るのを聞いていたからだ。 本書収録の対談「蓮華(れんげ)宇宙を語る」では博覧強記の松岡正剛が「とう………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]文芸 

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ