写真:横尾忠則さん

プロフィール公式横尾忠則 (美術家)
1936年兵庫県生まれ。60年代からグラフィックデザイナーとして活躍、80年に画家に転向。画集に『赤の魔笛』『横尾忠則Y字路』『人工庭園』、随想や絵画論に『インドへ』『名画感応術』、対談集に『芸術ウソつかない』、小説に『ぶるうらんど』(泉鏡花文学賞)など。

横尾忠則(美術家)の書評

仕事をつくる―私の履歴書 [著]安藤忠雄

仕事をつくる―私の履歴書 [著]安藤忠雄

■そのエネルギーの源泉は何? 数人の画家に訊(き)いてみるがいい。「あなたは誰のために絵を描くのか?」。「世のため、人のため」と答える者はほぼいないだろう。霊感を与えてくれるその源泉に対して奉納………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年05月06日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

魂にふれる―大震災と、生きている死者 [著]若松英輔

魂にふれる―大震災と、生きている死者 [著]若松英輔

■「生ける死者」と共生するとは? この拙文は本書に誘発された筆者の考えと思っていただきたい。 あの忌々(いまいま)しい津波にさらわれた死者の魂の行方を案じていた頃、本書と出会った。そして常に関心………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年04月29日
[ジャンル]社会 

黒澤明の遺言(いげん) [著]都築政昭

黒澤明の遺言(いげん) [著]都築政昭

■シンプルで一貫した創造哲学 家が近いのを理由に黒澤さんの晩年の数年間、時にはアポなしで訪ね、黒澤さんの映画談議に時間を忘れて長居したものだ。その時に聞いた話の大半が本書から再び黒澤さんの肉声に………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年04月15日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

長寿と性格―なぜ、あの人は長生きなのか [著]H・S・フリードマン、L・R・マーティン

長寿と性格―なぜ、あの人は長生きなのか [著]H・S・フリードマン、L・R・マーティン

■ジョギングよりも勤勉性 高齢化社会の日本ではこれ以上長寿が増加すると問題の上に問題を積み重ねることになるけれど、米国で約1500人を対象に80年間追跡観察した結果、長寿は生き方のパターンにある………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年03月25日
[ジャンル]人文 

昭和の怪談実話 ヴィンテージ・コレクション [編]東雅夫

昭和の怪談実話 ヴィンテージ・コレクション [編]東雅夫

■幽霊、化け物・・・あゝ「怪」だらけ 尾上大三郎という人気絶頂の旅役者がいた。彼が「先代萩」の仁木弾正を演じる段になり、花道のスッポンからドロドロとせり上がってきたが、あれよあれよという間にぐん………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年03月18日
[ジャンル]文芸 

芸術家の家 作品の生まれる場所 [文]G・ルメール [写真]J・アミエル

芸術家の家 作品の生まれる場所 [文]G・ルメール [写真]J・アミエル

■謎と秘密をバラしてほしい 芸術家の家はいたるところで自らの謎と秘密を自然にバラしているのである。本書には14人の芸術家の家の写真が紹介されている。このうちモネ、キリコ、モローの家を訪ねたことが………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]人文 アート・ファッション・芸能 

フクロウ―その歴史・文化・生態 [著]デズモンド・モリス

フクロウ―その歴史・文化・生態 [著]デズモンド・モリス

■知恵か邪悪か、魔術的象徴として 本書を執筆した著者の動機に僕は背筋が凍えるような悪寒と同時に言葉にならない切ないものを感じた。著者がまだ幼い少年の頃、野原の片隅で血まみれになったフクロウが悲し………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年02月05日
[ジャンル]文芸 

乱歩彷徨―なぜ読み継がれるのか [著]紀田順一郎

乱歩彷徨―なぜ読み継がれるのか [著]紀田順一郎

■創造と人生の闇、謎鮮やかに 一人の芸術家の華々しい誕生と、その後の芸術寿命を襲う老化現象と葛藤しながらの創造と人生のはざまで、苦闘と苦悶(くもん)を続けながら芸術家として成功し、存続、発展を遂………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2012年01月15日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

本へのとびら 岩波少年文庫を語る [著]宮崎駿

本へのとびら 岩波少年文庫を語る [著]宮崎駿

■児童文学伴侶に、創造に絶望せず 縁側の板間の廊下で肘(ひじ)をついて寝そべった姿勢で本を読み耽(ふけ)っているオカッパ頭の少年の側(そば)に寄り添う庭の白い犬。犬が猫に代われば僕の少年時代の自………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]人文 

芸術の陰謀―消費社会と現代アート [著]ジャン・ボードリヤール

芸術の陰謀―消費社会と現代アート [著]ジャン・ボードリヤール

■「ウォーホルで終わった」のか? 「消費社会と現代アート」という副題は1960年代のポップアートを語る上で最も的確なフレーズである。そんな大量生産時代の産物を主題にした極めつきのアーティストがア………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2011年11月27日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ