写真:小杉泰さん

プロフィール公式小杉泰 (京都大学教授)
1953年北海道生まれ。京都大学大学院教授。エジプト国立アズハル大学卒。専門はイスラム学。著書に『エジプト・文明への旅』『現代中東とイスラーム政治』(サントリー学芸賞)『現代イスラーム世界論』『イスラーム帝国のジハード』『クルアーン』『イスラーム銀行』など。

小杉泰(京都大学教授)の書評

日本語は生きのびるか―米中日の文化史的三角関係 [著]平川祐弘

日本語は生きのびるか―米中日の文化史的三角関係 [著]平川祐弘

■国際的な発信力を高める必要性 日本の文化は千年以上にわたって中国の影響を受け、近代には西洋、特に英米の影響を受けて発展してきた。グローバル化時代の今後、日本語はどうなるかを本書は論じている。博………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年03月21日
[ジャンル]人文 社会 

西周の政治思想 [著]菅原光

西周の政治思想 [著]菅原光

■秩序崩壊後に新しい社会を構想 西周は、明治期に西洋近代の用語を日本語に導入する上で、絶大な貢献をなした。有名なのは「哲学」の語の発明であるが、現代日本人が日常的に用いている彼の造語は数多い。理………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年03月07日
[ジャンル]人文 

ネット検索革命 [著]アレクサンダー・ハラヴェ

ネット検索革命 [著]アレクサンダー・ハラヴェ

■便利で安全な「集合知」の利用を 最近は何かを調べる時、まずネットで検索するのが普通となっている。グーグルで調べることを「ググる」と呼ぶ若者用語もある。 インターネット上には膨大な情報があるため………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会 

ホロコーストからガザへ―パレスチナの政治経済学 [著]サラ・ロイ

ホロコーストからガザへ―パレスチナの政治経済学 [著]サラ・ロイ

■極限まできた「反開発」を実証 パレスチナのガザ地区は1年前にイスラエル軍の猛攻撃を受けて、公共施設も多くの人びとの家屋や生活も破壊された。今でも封鎖が続き、生存を国際的な人道的援助に頼っている………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年01月17日
[ジャンル]政治 経済 国際 

湿原のアラブ人 [著]ウィルフレッド・セシジャー

湿原のアラブ人 [著]ウィルフレッド・セシジャー

■砂漠の中のみずみずしい世界 アラブの部族民と言えば、砂漠の民という印象が強い。ところが、イラク南部には、ユーフラテス川とチグリス川が作る巨大な湿地帯があった。面積は関東平野の6割程度にあたるほ………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年01月10日
[ジャンル]

エドワード・サイード-対話は続く [編]ホミ・バーバ、W・J・T・ミッチェル

エドワード・サイード-対話は続く [編]ホミ・バーバ、W・J・T・ミッチェル

■知識人の苦闘を記した追悼論集 03年に亡くなったサイードは、78年刊行の『オリエンタリズム』によって不朽の名声を得た。邦訳は86年に出版され、日本でも大きな反響を呼んだ。 この書は、西洋のかつ………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2009年11月29日
[ジャンル]人文 ノンフィクション・評伝 国際 

読むと書く-井筒俊彦エッセイ集 [著]井筒俊彦 

読むと書く-井筒俊彦エッセイ集 [著]井筒俊彦 

■古今の哲学者と語った知的遍歴 東洋哲学を広く世界に発信した著者は、海外生活が長かったこともあって、国際的な知名度の方が高い。その後、日本に戻って80年代から93年に没するまで活躍し、晩年はイス………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2009年11月22日
[ジャンル]文芸 人文 

長寿大国の虚構-外国人介護士の現場を追う [著]出井康博

長寿大国の虚構-外国人介護士の現場を追う [著]出井康博

■人材開国の機会にふらつく政策 急速に高齢化が進んでいる日本では、介護制度の充実が望まれる。しかし少子化のためもあって、それを支える人材が足りない。低賃金・重労働という現実に加えて、そのイメージ………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2009年11月15日
[ジャンル]政治 医学・福祉 社会 

イスラーム教「異端」と「正統」の思想史 [著]菊地達也

イスラーム教「異端」と「正統」の思想史 [著]菊地達也

■論争を重ね相対的位置が決まる 今日のイスラーム世界は、主流派であるスンナ派がほぼ9割、シーア派が1割を占めている。後はごく小さな分派がいくつかあるだけで、イスラームに宗派が多いというのは誤解で………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2009年10月25日
[ジャンル]人文 

グーテンベルクからグーグルへ-文学テキストのデジタル化と編集文献学 [著]ピーター・シリングスバーグ

グーテンベルクからグーグルへ-文学テキストのデジタル化と編集文献学 [著]ピーター・シリングスバーグ

■電子本の登場が人文学を変える 500年前にグーテンベルクの活版印刷が世に出て、本の世界は劇的に変わった。それまでの手書きの写本は、多量の部数を発行できる印刷本に取って代わられた。それと同じくら………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2009年10月11日
[ジャンル]文芸 人文 IT・コンピューター 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ