写真:南塚信吾さん

プロフィール公式南塚信吾 (法政大学教授)
1942年富山県生まれ。法政大学教授。専門は東欧史・国際関係史。著書に『静かな革命―ハンガリーの農民と人民主義』『ハンガリーの「第三の道」―資本主義と社会主義のはざまで』『アウトローの世界史』『ブダペシュト史』、編著に『東欧革命と民衆』など。「世界史研究所」を主宰。

南塚信吾(法政大学教授)の書評

日露戦争―起源と開戦 上・下 [著]和田春樹

日露戦争―起源と開戦 上・下 [著]和田春樹

■ロシアの新史料から定説覆す大胆な議論 「国民は(略)戦争に向かっていることとはまったく無関係だったのである。(略)自分のことに追われて生きていた(略)。そして戦争がはじまって、全国民がその中に………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2010年03月21日
[ジャンル]歴史 政治 国際 

ゲーリー家の人々―アメリカ奴隷制下の自由黒人 [著]フランク・J・ウェブ

ゲーリー家の人々―アメリカ奴隷制下の自由黒人 [著]フランク・J・ウェブ

■「自由黒人」への差別描いた小説 ゲーリー氏は美しい黒人の女性を事実上の妻にしている。かれは南部に住む「奴隷制廃止論者」の大農園主であるが、彼女を正式の妻にし、そして2人の子供を奴隷から解放する………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2010年02月28日
[ジャンル]文芸 政治 

「農」と「食」の農商工連携―中山間地域の先端モデル・岩手県の現場から [著]関満博

「農」と「食」の農商工連携―中山間地域の先端モデル・岩手県の現場から [著]関満博

■地域愛が生み出す力と希望 岩手県の農村女性の活躍が、地域に大きな「希望」を与えている。われわれは、地方は過疎化し停滞していると思いがちである。しかし、1980年代以後、グローバリゼーションの中………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]社会 

脱帝国のフェミニズムを求めて―朝鮮女性と植民地主義 [著]宋連玉

脱帝国のフェミニズムを求めて―朝鮮女性と植民地主義 [著]宋連玉

■矛盾を内包した植民地期の運動 欧米や日本など「第一世界」において展開されたフェミニズム論は、「第三世界」には当てはまらないと筆者はいう。「帝国」日本の植民地であった朝鮮半島において始まった女性………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2010年01月31日
[ジャンル]歴史 社会 

東欧革命1989-ソ連帝国の崩壊 [著]ヴィクター・セベスチェン

東欧革命1989-ソ連帝国の崩壊 [著]ヴィクター・セベスチェン

■「帝国」崩壊の過程、指導者たちの物語 ベルリンの「壁」が崩壊してちょうど20年になる。それは1989年の秋から冬に展開した「東欧革命」の最も印象的な事件であったが、実はその一部でしかない。さら………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2009年12月20日
[ジャンル]歴史 国際 

ナショナリズム 1890—1940 [著]オリヴァー・ジマー

ナショナリズム 1890—1940 [著]オリヴァー・ジマー

■「民俗」や「国民」の意識いつから 実は、われわれがいつ、どのようにして、ネイション(民族、国民)という意識をもち、ナショナリズムを掲げるようになったのかは、いまだに十分に解明されていない謎なの………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2009年11月22日
[ジャンル]歴史 政治 

ドイモイの誕生 [著]古田元夫 

ドイモイの誕生 [著]古田元夫 

■市場法則と社会主義のはざまで ソ連と東欧諸国が90年前後に社会主義体制から資本主義に転換したのに比し、アジアでは80年代に中国とベトナムの両国が社会主義の「建前」を崩さずに市場化に対応してきた………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2009年11月01日
[ジャンル]歴史 政治 国際 

安心社会を創る-ラテン・アメリカ市民社会の挑戦に学ぶ [編]篠田武司、宇佐見耕一

安心社会を創る-ラテン・アメリカ市民社会の挑戦に学ぶ [編]篠田武司、宇佐見耕一

■新たな貧困に立ち向かう住民組織 ラテンアメリカでは、驚くほど多くの住民組織の運動が多様なイニシアチブを発揮して、「新自由主義」のもたらす「新たな貧困」に立ち向かっている。1980年代からの「新………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2009年10月11日
[ジャンル]経済 社会 

「女性をつくりかえる」という思想―中東におけるフェミニズムと近代性 [編著]ライラ・アブー=ルゴド

「女性をつくりかえる」という思想―中東におけるフェミニズムと近代性 [編著]ライラ・アブー=ルゴド

■女性の新たな「公共圏」を提唱 中東イスラーム世界における女性研究が進んでいる。イスラーム世界で女性が着用するベールについて、近代フェミニズムはそれの廃止を掲げ、イスラーム主義は着用を主張するが………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2009年09月20日
[ジャンル]歴史 人文 

沖縄戦 強制された「集団自決」 [著]林博史

沖縄戦 強制された「集団自決」 [著]林博史

■戦争遂行のシステムに責任を問う 太平洋戦争末期、沖縄戦における住民の「集団自決」が日本軍の「強制」であったか否かをめぐる教科書問題は、まだ記憶に新しい。 本書は、沖縄の「集団自決」が軍隊長の直………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2009年08月23日
[ジャンル]歴史 社会 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ