写真:尾関章さん

プロフィール公式尾関章 (本社論説副主幹)
1951年東京都生まれ。朝日新聞社編集委員。著書に『量子論の宿題は解けるか―31人の研究者に聞く最前線報告』『SF小説がリアルになる 量子の新時代』など。

尾関章(本社論説副主幹)の書評

人間らしさとはなにか?―人間のユニークさを明かす科学の最前線 [著]マイケル・S・ガザニガ

人間らしさとはなにか?―人間のユニークさを明かす科学の最前線 [著]マイケル・S・ガザニガ

■「物語」の存在こそ人の証しか なんとも大風呂敷な題名ではないか。答えはとても出そうにない。脳と心の謎を追うベテランの科学者が、自分自身の専門にとらわれず、さまざまな新知見を全編にちりばめた。 ………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年03月28日
[ジャンル]人文 科学・生物 

明日をどこまで計算できるか?―「予測する科学」の歴史と可能性 [著]デイヴィッド・オレル

明日をどこまで計算できるか?―「予測する科学」の歴史と可能性 [著]デイヴィッド・オレル

■新鮮な予測懐疑論、縦横無尽に 明日がどうなるか、それがわかったらどうなることか。読み終えてそんな思いを抱いた。 著者は、科学の未来予測志向を跡づける。原点はピタゴラス。「ピュタゴラス学派にとっ………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年03月21日
[ジャンル]科学・生物 

クォンタム・ファミリーズ [著]東浩紀

クォンタム・ファミリーズ [著]東浩紀

■情報社会の果てに交錯する並行世界 こんな自分もありえた。あんな自分がいたかもしれない。人生は「なしとげられる《かもしれなかった》ことにも満たされている」。そんな可能世界に奇妙な現実感を吹き込む………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年02月21日
[ジャンル]文芸 

重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて [著]ジョン・W・モファット

重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて [著]ジョン・W・モファット

■反骨精神あふれる暗黒物質無用論 宇宙の闇に潜むとされる暗黒物質の正体探しは、21世紀科学の一大テーマとなっている。そこに、ちょっと待った、と声を上げたのがこの本だ。 1930年代、目に見えない………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]科学・生物 

初夜 [著]イアン・マキューアン

初夜 [著]イアン・マキューアン

■性の重みを知る世代の物語 初夜という言葉に、まだ重みがあった時代の話である。 英国南部の海辺のホテル。新婚の二人は粛々と晩餐(ばんさん)をとりながら、寝室でまもなく始まるそのことに心を奪われて………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年02月07日
[ジャンル]文芸 

完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 [著]マーシャ・ガッセン

完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 [著]マーシャ・ガッセン

■「空想世界」に生きて、知の孤独体現する姿 数学のど真ん中を突く本ではない。それをめぐる知の孤独に迫る。 孤独を一身に体現するのは、難問中の難問である「ポアンカレ予想」の証明を成し遂げたロシアの………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年01月17日
[ジャンル]科学・生物 ノンフィクション・評伝 

ブラックホール戦争-スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い [著]レオナルド・サスキンド 

ブラックホール戦争-スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い [著]レオナルド・サスキンド 

■人間の顔をした宇宙論争史 人より物に魅せられた変わり者と思われがちな物理学者こそ、実は人が好きで好きでしようがない人々かもしれない。 そう感じさせるのは、宇宙談議に織り交ぜた著者の交遊録。 若………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2009年12月06日
[ジャンル]科学・生物 

たまたま-日常に潜む「偶然」を科学する [著]レナード・ムロディナウ

たまたま-日常に潜む「偶然」を科学する [著]レナード・ムロディナウ

■偶然の重み増した時代の「心得」 ひいきの球団が日本シリーズに敗れても、この本を読めば少し気が晴れるのではないか。 ワールドシリーズがほぼ実力通りに決着することを望むなら、7試合制では無理があり………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2009年11月08日
[ジャンル]科学・生物 

シルフ警視と宇宙の謎 [著]ユーリ・ツェー 

シルフ警視と宇宙の謎 [著]ユーリ・ツェー 

■量子論仕立て、「並行世界」の真相 SFの仕掛けを扱いながらSFではない。並行世界が語られても、誰かがそこに横っ跳びしたりはしない。滋味に富む洞察にあふれ、うたい文句の通りの「哲学的ミステリ」で………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2009年10月25日
[ジャンル]文芸 

サイバービア-電脳郊外が“あなた”を変える [著]ジェイムス・ハーキン

サイバービア-電脳郊外が“あなた”を変える [著]ジェイムス・ハーキン

■思考回路をも変えた情報化の大波 軍事とヒッピー。水と油のはずの二つが化学反応してネット時代に火をつけた。これぞ米国のダイナミズムか。そんな裏面史にも踏み込んで、情報社会の底知れなさを見せつける………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2009年10月04日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ