写真:平松洋子さん

プロフィール公式平松洋子 (エッセイスト)
1958年岡山県生まれ。エッセイスト、フードジャーナリスト。著書に『わたしの沖縄食紀行』『ベトナムとタイ 毎日のごはん』『買えない味』(ドゥマゴ文学賞)『夜中にジャムを煮る』『平松洋子の台所』『食べる旅 国むかしの味』など。

平松洋子(エッセイスト)の書評

建築とは何か―藤森照信の言葉 [著]藤森照信 

建築とは何か―藤森照信の言葉 [著]藤森照信 

■過去、現在、未知へ縦断する思索 藤森照信の言葉は、建築を語りながら、同時にべつのだいじなことを物語っている。ずっとそう感じてきた。 建築の意味をさぐる思考が、過去、現在、未知、意識や無意識の領………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2011年03月27日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 

TOKYOオリンピック物語 [著]野地秩嘉 

TOKYOオリンピック物語 [著]野地秩嘉 

■喪失からの回復、晴れやかに 敗戦がもたらした焼け野原。失うものはなにもなかった。まるはだかの喪失をこそ回復の原動力に変えてきたのが、わたしたち日本人ではなかったか。 東京オリンピックを成功に導………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2011年03月20日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

パリが愛した娼婦 [著]鹿島茂

パリが愛した娼婦 [著]鹿島茂

■19世紀、都会の夜闇に時間旅行 「高級」娼婦(しょうふ)ってなんだ? つい先日も、新国立劇場でヴェルディのオペラ「椿姫」を観(み)ながらそう思ったのだった。この名作オペラのヒロインは高級娼婦ヴ………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2011年03月06日
[ジャンル]歴史 国際 

日本の刺青と英国王室―明治期から第一次世界大戦まで [著]小山騰

日本の刺青と英国王室―明治期から第一次世界大戦まで [著]小山騰

■「野蛮」に憧れた、奇妙な交流史 カバーの肖像写真に息をのんだ。笑みを浮かべた妙齢の英国女性が身にまとっているのは繊細なレース模様のドレスではなく、全身にほどこされた刺青なのだった。彼女は「刺青………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2011年02月06日
[ジャンル]歴史 アート・ファッション・芸能 国際 

耄碌寸前 [著]森於菟

耄碌寸前 [著]森於菟

■老いを照らす乾いたユーモア 「父の名をはずかしめたくないので、己の能力の限界を知った私は文学よりもむしろ基礎医学の研究生活を選んだ」 収録された二十一の随想、そのうち一編の冒頭である。虚飾を嫌………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2011年01月23日
[ジャンル]文芸 

鏡のなかの薄明 [著]苅部直著 

鏡のなかの薄明 [著]苅部直著 

■視界を開く、本との真摯な対話 小熊英二の大著『1968』の論評にはじまり、神田神保町のちいさな喫茶店「きゃんどる」に思いを寄せた文章でおわる。そのあいだに時評、書評、美術評、読書ガイド。悠揚自………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年12月05日
[ジャンル]文芸 人文 

明るい原田病日記―私の体の中で内戦が起こった [著]森まゆみ

明るい原田病日記―私の体の中で内戦が起こった [著]森まゆみ

■霧を晴らすようにつづる闘病記  この本を手にとるまで「原田病」の病名を聞いたことがなかった。実際にかかった著者自身も知らなかった。病気などしたことがないのに三年前とつぜん視界が崩れ、頭痛、耳鳴………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年11月21日
[ジャンル]医学・福祉 ノンフィクション・評伝 

夫の死に救われる妻たち [著]ジェニファー・エリソン、クリス・マゴニーグル

夫の死に救われる妻たち [著]ジェニファー・エリソン、クリス・マゴニーグル

■喪失を受けいれる厳粛と優しさ  タイトルはあざといが、原著の副題はとてもおだやかである。「When Death Brings Relief」。直訳すれば「死が安らぎをもたらすとき」。 この「安………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年11月14日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

熊―人類との「共存」の歴史 [著]ベルント・ブルンナー

熊―人類との「共存」の歴史 [著]ベルント・ブルンナー

■思索誘う、隔たりとかかわりと  「クマ襲撃」「大量出没」「クマ射殺される」……騒然とする日本の秋だが、熊との距離のとりかたがいまひとつ定まらない。 獰猛(どうもう)な野獣なのか。愛らしいプーさ………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年10月31日
[ジャンル]科学・生物 ノンフィクション・評伝 

いちばんここに似合う人 [著]ミランダ・ジュライ

いちばんここに似合う人 [著]ミランダ・ジュライ

■世界にはぐれた、哀しみの短編集 贅沢(ぜいたく)だなあ。ほとんど奇跡みたい。ミランダ・ジュライが文章になってパフォーマンスしているよ。岸本佐知子のおかげで、日本語になってアクトしているよ。映像………[もっと読む]

[評者]平松洋子(エッセイスト)
[掲載]2010年10月17日
[ジャンル]文芸 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ