写真:保阪正康さん

プロフィール公式保阪正康 (ノンフィクション作家)
1939年北海道生まれ。ジャーナリスト。著書に『東條英機と天皇の時代』『陸軍省軍務局と日米開戦』『安楽死と尊厳死』『医療崩壊』『官僚亡国―軍部と霞が関エリート、失敗の本質』など。主宰する「昭和史を語り継ぐ会」の会誌「昭和史講座」で菊池寛賞。

保阪正康(ノンフィクション作家)の書評

スターリン―「非道の独裁者」の実像 [著]横手慎二

スターリン―「非道の独裁者」の実像 [著]横手慎二

■20世紀はどんな時代だったのか 20世紀のある時期に誕生し、70年余の生命を保ち、そして崩壊したソ連の社会主義政権。その前半期を担ったのがスターリンである。彼の没後、指導部の一員だったフルシチ………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年10月12日
[ジャンル]

民族浄化のヨーロッパ史——憎しみの連鎖の20世紀 [著]ノーマン・M・ナイマーク

民族浄化のヨーロッパ史——憎しみの連鎖の20世紀 [著]ノーマン・M・ナイマーク

■理性崩壊後の教訓を自らに課す 「民族浄化」という語は、1992年5月のボスニア戦争の初期から使われ、そしてユーゴ内戦とともに国際法上の犯罪と同一化された。「常に暴力」を伴い、「人類の生命にかな………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年10月05日
[ジャンル]歴史 

「肌色」の憂鬱―近代日本の人種体験 [著]眞嶋亜有

「肌色」の憂鬱―近代日本の人種体験 [著]眞嶋亜有

■外面を通して創造した「近代」 本書にはしばしば、「(近代日本の)エリート層」という語が登場する。たとえば「日本人の背丈や体格、容貌(ようぼう)や肌の色を醜悪視する傾向は、その後(注・日露戦争後………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年09月28日
[ジャンル]人文 

炎を越えて―新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡 [著]杉原美津子

炎を越えて―新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡 [著]杉原美津子

■「被害者」ではない人生描きだす 1980年8月の新宿駅西口バス放火事件。加害者Mは「世間に対して恨みや憤りの感情を持ったことが主たる要因」(判決文)で、停車中のバス車内にガソリンを撒(ま)き、………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年09月21日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 

戦後責任 アジアのまなざしに応えて [著]内海愛子・大沼保昭・田中宏・加藤陽子

戦後責任 アジアのまなざしに応えて [著]内海愛子・大沼保昭・田中宏・加藤陽子

■戦争の「罪禍清算」の葛藤史 「戦後責任」という語は、大沼保昭が1980年代から継続的に用いて定着したのだが、当の大沼によればこの語は50年代前半にキリスト者が、続いて武井昭夫と吉本隆明が文学者………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年08月10日
[ジャンル]歴史 社会 

軍服を着た救済者たち―ドイツ国防軍とユダヤ人救出工作 [著]ヴォルフラム・ヴェッテ

軍服を着た救済者たち―ドイツ国防軍とユダヤ人救出工作 [著]ヴォルフラム・ヴェッテ

■国家に売りわたさない覚悟 ナチス権力との闘いに「抵抗か協力か」の二元論的な視点だけで、20世紀の悲劇を総括できるか、と本書は問う。ドイツ国防軍の制服を着た軍人がユダヤ人救出に関わった史実を改め………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年08月03日
[ジャンル]歴史 

犬と人の生物学―夢・うつ病・音楽・超能力 [著]スタンレー・コレン

犬と人の生物学―夢・うつ病・音楽・超能力 [著]スタンレー・コレン

■知られざる犬の生態を分析 WHO(世界保健機関)の統計などを参考にすると、世界には5億2500万頭の犬がいるそうだ。オオカミ(約40万頭)より圧倒的に多い。犬は「人間が暮らす場所」に適合して、………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年07月27日
[ジャンル]科学・生物 

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史 [著]小川靖彦

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史 [著]小川靖彦

■時代が息吹を与えた「巨人」 本書を読み進めるうちに、私たちは万葉集を擬人化して考えればいいのか、と気づく。1200年の生命を保つ「巨人」はどのような形で誕生したのか、どういう器官を持っているの………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年07月06日
[ジャンル]歴史 

ラスト・バタリオン―蒋介石と日本軍人たち [著]野嶋剛

ラスト・バタリオン―蒋介石と日本軍人たち [著]野嶋剛

■国民党が求めた「技術と体験」  歴史には裏表がある。表の史実の陰には屈折した人間の息吹がある。本書を評するのにそのような表現が的確か否かは別にして、この見えざる部分を表に引きだした著者の取材力………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年06月29日
[ジャンル]歴史 

日本は戦争をするのか―集団的自衛権と自衛隊 [著]半田滋

日本は戦争をするのか―集団的自衛権と自衛隊 [著]半田滋

■「首相によるクーデター」と警告 今、戦後民主主義体制下のシステム、理念、法体系が音を立てて崩れている。本書を一読しての率直な感想である。単に一内閣が政治改革を目ざしているのではない。 「歴代の………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2014年06月22日
[ジャンル]政治 社会 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ