写真:萱野稔人さん

プロフィール公式萱野稔人 (津田塾大学教授・哲学)
1970年愛知県生まれ。著書に『国家とはなにか』『カネと暴力の系譜学』『権力の読みかた―状況と理論』『暴力はいけないことだと誰もがいうけれど』『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』など。共著に『「生きづらさ」について 』『没落する文明』など。

萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)の書評

成瀬巳喜男 映画の面影 [著]川本三郎

成瀬巳喜男 映画の面影 [著]川本三郎

■目立たなさこそが魅力、実力 よい映画論とはどのようなものだろうか。理論的に、もしくは美学的に、深く映画を分析していくのも映画論のひとつの方向性かもしれない。しかし、対象となっている当の映画をみ………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2015年03月29日
[ジャンル]文芸 

「日本人と英語」の社会学―なぜ英語教育論は誤解だらけなのか [著]寺沢拓敬

「日本人と英語」の社会学―なぜ英語教育論は誤解だらけなのか [著]寺沢拓敬

■根拠のない言説をただす グローバル化の進展によって英語の必要性はますます高まっている——。教育現場でも、職場でも、マスコミでもよくいわれることだ。こうした言説にはしかし、何の根拠もないことを本………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2015年03月22日
[ジャンル]政治 社会 

日本語の科学が世界を変える [著]松尾義之

日本語の科学が世界を変える [著]松尾義之

■英語に頼らずにすむ知的蓄積 日本語を母語とする人にとって、科学の分野でノーベル賞を受賞するにはどれぐらいの英語力が必要だろうか。たとえば2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英は、その受………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2015年03月15日
[ジャンル]科学・生物 

道徳性の起源—ボノボが教えてくれること [著]フランス・ドゥ・ヴァール

道徳性の起源—ボノボが教えてくれること [著]フランス・ドゥ・ヴァール

■人間と他の霊長類の連続性 人間の思考というのはきわめて自己中心的にできている。地動説を人間がなかなか受け入れられなかったのはその一例だが、いまでも人間を生物のなかで特別な存在だとみなす考えは根………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2015年03月01日
[ジャンル]科学・生物 

突破者 外伝―私が生きた70年と戦後共同体 [著]宮崎学

突破者 外伝―私が生きた70年と戦後共同体 [著]宮崎学

■自由と共同体の間で揺れて 共同体は自由としばしば対立する。家族でも地縁共同体でもいい。共同体はたしかに個人に居場所を与えてくれるし、いざというときには互助的な精神によって個人を守ってくれる。た………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年11月02日
[ジャンル]政治 社会 

「サル化」する人間社会 [著]山極寿一

「サル化」する人間社会 [著]山極寿一

■家族は何のため生まれたのか 私たちは家族という集団が人間の社会に存在することを当たり前のことだと思っている。しかし、人間のように一生涯つづく家族をもつ種は動物全体をみてもほかにない。ならば家族………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年10月05日
[ジャンル]社会 

フードトラップ―食品に仕掛けられた至福の罠 [著]マイケル・モス [訳]本間徳子

フードトラップ―食品に仕掛けられた至福の罠 [著]マイケル・モス [訳]本間徳子

■加工食品の「魔力」、取材で示す よく米国の食事情を表すときに、貧困層ほど肥満が多くエリートほど健康だ、ということが言われるが、はたしてそれは本当なのだろうか。本書を読むと、どうやらそれはある程………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年08月31日
[ジャンル]

協力と罰の生物学 [著]大槻久

協力と罰の生物学 [著]大槻久

■罰する行動、進化のなかで説明 つくづく人間というのは罰することが好きな生き物だと思う。たとえば日本では死刑を容認する人が8割以上にのぼる(2009年内閣府世論調査)。もちろんそんな大げさな数字………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年07月27日
[ジャンル]人文 科学・生物 

〈働く〉は、これから―成熟社会の労働を考える [編]猪木武徳

〈働く〉は、これから―成熟社会の労働を考える [編]猪木武徳

■魔法の解決策はないからこそ 日本の社会で、働くということがここまで盛んに論じられるようになった時代もめずらしいかもしれない。拡大する非正規雇用やリストラの問題、ブラック企業の内実、女性の就業や………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年05月11日
[ジャンル]経済 社会 

自由か、さもなくば幸福か? 二一世紀の〈あり得べき社会〉を問う [著]大屋雄裕

自由か、さもなくば幸福か? 二一世紀の〈あり得べき社会〉を問う [著]大屋雄裕

■監視社会化を積極的に評価 全ての人間の身体にGPS機能付きのチップが埋め込まれた社会を想定してみよう。GPSとは、人工衛星を用いてその対象が地球上のどこにいるのかを正確に測定するシステムのこと………[もっと読む]

[評者]萱野稔人(津田塾大学教授・哲学)
[掲載]2014年05月04日
[ジャンル]社会 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ