写真:佐々木敦さん

プロフィール公式佐々木敦 (批評家・早稲田大学教授)
1964年名古屋市生まれ。映画、音楽、小説やサブカルチャーの評論を手がける。雑誌「エクス・ポ」「ヒアホン」編集人。著書に『「批評」とは何か? 批評家養成ギブス』『即興の解体/懐胎 演奏と演劇のアポリア』『小説家の饒舌』『批評時空間』など。音楽レーベル「HEADZ」代表。

佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)の書評

フューチャー・オブ・マインド―心の未来を科学する [著]ミチオ・カク

フューチャー・オブ・マインド―心の未来を科学する [著]ミチオ・カク

■科学の力で「超能力」も現実に? 「ひもの場の理論」で知られる理論物理学者のミチオ・カクは、先端科学の達成を一般向けにわかりやすく解説するノンフィクションを旺盛に執筆してきた。『サイエンス・イン………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年03月29日
[ジャンル]科学・生物 

教団X [著]中村文則

教団X [著]中村文則

■思索と欲望、人間の底抉る戯画 狭義の「文学」の範疇(はんちゅう)には留まらない話題作、問題作を連発している中村文則だが、彼のキャリアにおいて最も長大なこの小説は、極めつきの問題作と言っていいだ………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年03月01日
[ジャンル]文芸 

批評メディア論―戦前期日本の論壇と文壇 [著]大澤聡

批評メディア論―戦前期日本の論壇と文壇 [著]大澤聡

■浮動する言葉たち 現在の状況に酷似 本書の企図はある意味でシンプルだ。それは一行目に掲げられている。「言論でも思想でもよい。もちろん批評でも。それらの名に値する営為は日本に存在しただろうか?」………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年02月15日
[ジャンル]政治 社会 

営繕かるかや怪異譚 [著]小野不由美

営繕かるかや怪異譚 [著]小野不由美

■ひとの想い解放する「建築小説」 この連作短編集の主役は「家」である。いや、すまいと言った方が正しいかもしれない。全六編、いずれの物語でも、それぞれのすまいの中で、或(ある)いはそのすぐそばで、………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年02月08日
[ジャンル]文芸 

サラバ!(上・下) [著]西加奈子

サラバ!(上・下) [著]西加奈子

■波瀾万丈、自伝的「和解」の物語 サラバとは、日本語の「さらば」とアラビア語の「マッサラーマ(さようなら)」を掛け合わせて、この小説の語り手である「僕」こと圷(あくつ)(のちに今橋)歩と、彼が小………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年02月01日
[ジャンル]文芸 

ルンタ [著]山下澄人

ルンタ [著]山下澄人

■「生まれてはじめて」の気持ちで 「ルンタ」を読むときは、生まれてはじめて小説を読むような、いや、生まれてはじめて言葉を読むような気持ちで読まなくてはならない。今まで読んできたあらゆる言葉を、文………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年01月18日
[ジャンル]文芸 

キャプテンサンダーボルト [著]阿部和重、伊坂幸太郎

キャプテンサンダーボルト [著]阿部和重、伊坂幸太郎

■才気と技術が融合した合作 合作小説という試み、先例がないわけではない。だが、阿部和重と伊坂幸太郎という、当代きっての人気作家二人の合作となると、話は別である。期待するなという方が無理な話だし、………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2015年01月11日
[ジャンル]文芸 

古事記―日本文学全集01 [訳]池澤夏樹

古事記―日本文学全集01 [訳]池澤夏樹

■脚注と文体、野心的な新訳 「日本文学全集」の第一巻として、この全集の個人編集を手掛ける池澤夏樹自身の訳による『古事記』が登場した。日本最古の「文学」といわれる『古事記』の現代語訳には幾つもの偉………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2014年12月21日
[ジャンル]歴史 

献灯使 [著]多和田葉子

献灯使 [著]多和田葉子

■震災後の不吉な未来を予言 本書収録の「不死の島」を最初に読んだときの、深く暗い深淵(しんえん)にたたき落とされるような衝撃は、今も忘れられない。東日本大震災と原発事故以後の時間に小説家たちがど………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2014年12月14日
[ジャンル]文芸 

朝露通信 [著]保坂和志

朝露通信 [著]保坂和志

■とめどなく語られる記憶の塊 「たびたびあなたに話してきたことだが僕は鎌倉が好きだ」。こんな印象的な一文から本作は開始される。だが呼び掛けられた筈(はず)の「あなた」はあっけなく姿を消してしまい………[もっと読む]

[評者]佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)
[掲載]2014年12月07日
[ジャンル]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ