写真:原武史さん

プロフィール公式原武史 (放送大学教授・政治思想史)
1962年東京都生まれ。近現代の天皇・皇室研究のほか、鉄道や団地などの「空間政治学」を提唱。著書に『「民都」大阪対「帝都」東京』(サントリー学芸賞)『滝山コミューン一九七四』(講談社ノンフィクション賞)『昭和天皇』(司馬遼太郎賞)など。

原武史(放送大学教授・政治思想史)の書評

日本鉄道歌謡史―1 鉄道開業〜第二次世界大戦、2 戦後復興〜東日本大震災 [著]松村洋

日本鉄道歌謡史―1 鉄道開業〜第二次世界大戦、2 戦後復興〜東日本大震災 [著]松村洋

■国土意識を形成、民衆の声も代弁 キューロクが9600形蒸気機関車の愛称であることを知っている人は、よほどのマニアだろう。本書の冒頭で、著者は八高線にキューロクやデコイチ(D51形蒸気機関車)の………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年09月20日
[ジャンル]歴史 

鉄道デザインの心―世にないものをつくる闘い [著]水戸岡鋭治

鉄道デザインの心―世にないものをつくる闘い [著]水戸岡鋭治

■効率より空間と時間にこだわる 水戸岡鋭治さんは鉄道のデザイナーとして有名だが、全国の鉄道に乗っているわけではない。京浜工業地帯を走るJR鶴見線に同乗したときには、首都圏にもこんな線があるのかと………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年09月13日
[ジャンル]経済 

下山事件 暗殺者たちの夏 [著]柴田哲孝

下山事件 暗殺者たちの夏 [著]柴田哲孝

■昭和史最大の謎、執着する覚悟 1949年7月5日に初代国鉄総裁の下山定則が行方不明となり、6日に遺体が発見された「下山事件」は、昭和史最大の謎の事件と言われている。そもそも下山は自殺したのか、………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年08月30日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝 

生きて帰ってきた男―ある日本兵の戦争と戦後 [著]小熊英二

生きて帰ってきた男―ある日本兵の戦争と戦後 [著]小熊英二

■父が息子に託す、希望こそが指針 小熊英二という人はどこまでも前向きだ。3・11のあとに反原発デモが高まり、一時は官邸前に20万人が集まったのに、2012年12月の総選挙では自民党が圧勝した。脱………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]歴史 

終戦詔書と日本政治—義命と時運の相克 [著]老川祥一

終戦詔書と日本政治—義命と時運の相克 [著]老川祥一

■玉音放送の草稿修正箇所に注目 1945年8月15日の玉音放送は、天皇自身が詔書を読み上げることで儒教的な「天子」として振る舞おうとするものだった。だからこそ、陽明学者の安岡正篤(まさひろ)は「………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年07月19日
[ジャンル]歴史 社会 

権力の空間/空間の権力—個人と国家の〈あいだ〉を設計せよ [著]山本理顕

権力の空間/空間の権力—個人と国家の〈あいだ〉を設計せよ [著]山本理顕

■建築家が読む斬新なアレント 政治というのは抽象的な思考に回収されない。そうではなく、複数の人間が共生するための実践行為である以上、必ず具体的な空間を伴うはずである。だが、政治思想史の研究者の多………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]社会 

界 [著]藤沢周

界 [著]藤沢周

■人間の複雑怪奇、浮かび上がる 例えば、「市民」という政治学の用語がある。男だろうが女だろうが市民は市民であり、そこに違いがあってはならないはずだ。 しかし現実はより複雑である。この連作短編集は………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸 

宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学 [著] 塚田穂高

宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学 [著] 塚田穂高

■政党作る団体に切り込む行動力 泡沫(ほうまつ)候補という言葉がある。選挙で当選する見込みがきわめて薄い候補者のことだ。彼らは、たとえ一時的に話題に上がることはあっても、時間がたつにつれ忘れ去ら………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年05月17日
[ジャンル]政治 人文 社会 

遊楽としての近世天皇即位式―庶民が見物した皇室儀式の世界 [著]森田登代子

遊楽としての近世天皇即位式―庶民が見物した皇室儀式の世界 [著]森田登代子

■「広場」に変貌した御所の南庭 江戸時代の天皇は幕府の厳重な管理のもとに置かれ、京都御所に事実上幽閉されていて、生身の姿を一般庶民にさらすこともなかった。そう思い込んでいる人々は多い。天皇の研究………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年05月10日
[ジャンル]歴史 

西太后秘録―近代中国の創始者(上・下) [著]ユン・チアン

西太后秘録―近代中国の創始者(上・下) [著]ユン・チアン

■「悪役」の像崩し、人間性浮き彫り 20世紀初頭までの中国の歴史のなかで、女性が皇帝となったのは武則天(則天武后)しかいない。だが、19世紀から20世紀にかけての清末の時代、事実上の皇帝の座に4………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年04月12日
[ジャンル]歴史 政治 社会 

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ