書評・最新書評

久保文明 書評委員お薦め「今年の3点」

[評者]今年の3点(書評委員)

[掲載]2010年12月19日

表紙画像

 (1)ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 上・下(D・ハルバースタム著、 山田耕介ほか訳、文芸春秋・各1995円)
 (2)モスクワ攻防戦(アンドリュー・ナゴルスキ著、津守滋監訳、作品社・2940円)
 (3)大統領オバマは、こうしてつくられた(J・ハイルマンほか著、日暮雅通訳、朝日新聞出版・3150円)

 本年はアメリカのジャーナリストによる力作が目立った。著述に専念できる制度や体制が整っているためであろうか。専門歴史・政治研究者と比べると学説・研究史の把握で弱い場合もあるが、聞き取り調査を多用し、一般読者向けにわかりやすい叙述を提供してくれることが多い。
 デイヴィッド・ハルバースタム『ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』は『ベスト&ブライテスト』で広く知られる著者による遺作。アンドリュー・ナゴルスキ『モスクワ攻防戦 20世紀を決した史上最大の戦闘』は独ソ戦の焦点にモスクワをおく。これらの本ではマッカーサー、ヒトラー、そしてスターリンらの強烈なエゴや壮大な誤算が描かれる。ジョン・ハイルマン、マーク・ハルペリン『大統領オバマは、こうしてつくられた』は2008年大統領選挙の主要候補者陣営の内部事情を詳細に記録した傑作である。(東京大学教授)

関連記事

ページトップへ戻る