書評・最新書評

神話論理1 生のものと火を通したもの・神話論理2 蜜から灰へ [著]クロード・レヴィ=ストロース

[評者]中条省平(学習院大学教授)

[掲載]2007年03月04日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■歴史から構造へ、精緻な神話研究

 「20世紀思想の金字塔」と称(たた)えられる書物です。あまたある構造主義文献のなかで未踏の巨峰だったのですが、ついに邦訳が出始めました。原書は40年ほど前に4部作として刊行され(邦訳は5分冊)、この前半の2作は南アメリカ先住民の神話を扱っています。
 出発点はボロロ族の神話です。
 ある少年が母親を犯す。父親は息子に復讐(ふくしゅう)するため、岩山に巣を作る鳥をとれと命じ、息子が上ったすきに、梯子(はしご)がわりの棒を外してしまう。息子は苦難の末、親兄弟を探して祖母と再会する。その夜、激しい雨が降り、祖母のかまどの火以外、村の火がすべて水で消えてしまう……とまあ、そんな話です。
 レヴィ=ストロースは、この神話を他の無数の神話と比較しながら、これが水の起源の神話のように見えて、火の起源の神話であること、また、火による料理の起源の神話にも属すること、さらに、食物に火を通す操作は、空と大地、生と死、自然と社会を媒介する行為であること等々を読み解いていきます。
 第1巻のタイトルが「生のものと火を通したもの」となっているのは、この2項対立のなかに、自然から文化へ、という人間の決定的な移行が刻まれているからです。
 第2巻のタイトルは蜂蜜とたばこのことで、蜂蜜は火を通す必要のない料理以前の物質、たばこは火を通して料理の彼方(かなた)へ行く物質を代表します。この二つのテーマをめぐって神話は料理の周辺へと拡大し、宇宙論的な「構造」をもっていることが証明されます。
 その手際の鮮やかさに感嘆する、とひと言で片づけたいところなのですが、レヴィ=ストロースの論証たるや、良くいえばステンドグラスの薔薇(ばら)窓のように精緻(せいち)かつ華麗、悪くいえば気が遠くなるほど複雑で煩瑣(はんさ)です。この書物については「難解」との定評(?)がありますが、難解というより、あまりにも「徹底的」なのだというべきでしょう。
 レヴィ=ストロースが用いる主な論法は、類似(よく似た神話を集める)と対比(そこから2項対立の構造をとりだす)という比較的単純なものです。しかし、その実践の異様な徹底性ゆえに、読者は論理のつながりを追うのに一瞬たりとも気をぬけないのです。
 この分析の怪物的な徹底性が、人間の思考の枠組みを大きく転換させました。それは歴史から構造へ、という転換です。
 19世紀には人間が「歴史」を経るにつれて高度な文明を実現するという考えが信じられていました。しかし、20世紀の後半にいたって、レヴィ=ストロースはその考えをひっくり返してしまいました。未開民族の神話には明確な精神の「構造」があり、西欧近代の文明を作った精神構造と未開の神話に見られる精神構造のあいだに優劣はない、と。
 近代理性の作りあげた世界が袋小路に入りつつあるいま、合理的な設計図に基づく製作より、ブリコラージュ(手持ちの材料と道具による即興的な仕事)を重視する野生の思考の柔軟さこそ、私たちに必要なものでしょう。レヴィ=ストロースの忍耐強く繊細な神話研究はそのことを強く示唆しています。
 [評]中条省平(学習院大学教授・フランス文学)
   *
 MYTHOLOGIQUES:LE CRU ET LE CUIT/DU MIEL AUX CENDRES
 早水洋太郎訳、みすず書房・「1」8400円、「2」8820円/Claude Levi‐Strauss 08年生まれ。フランスの人類学者。著書に『野生の思考』など。

関連記事

ページトップへ戻る