書評・最新書評

小説家の開高さん [著]渡辺裕一

[評者]平松洋子(エッセイスト)

[掲載]2009年09月06日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■ほろ苦い余韻残す男たちの短編

 土方のマサ。ヒッピーのエンディ。大工のウィリー。オカマの次郎さん。熊撃ちの征三さん……武骨で、不器用で、率直で、酒飲みで、恋に一途で、ちょっとだめで、つまりいろっぽいのです、みんな。そんな男たちとの交差を描く物語が十編。
 「ぼくとマサは脚割り場という、蟹(かに)工船でもっとも過酷で花形といわれる甲板の作業場につかされた」(「土方のマサ」)
 一九七〇年、二十歳。「ぼく」の旅のはじまりは蟹工船だった。下船して世界各地を放浪、ニュージーランドで四年間鱒(ます)釣り。旅遍歴が紡ぐ物語には時代の空気、男や女の体温や気配、波の音、土の匂(にお)い、耳と眼(め)と鼻の記憶がたっぷり注ぎこまれている。
 さていよいよ「小説家の開高さん」である。奇跡のような仕事に遭遇したのは一九八八年。
 場所は、かつて耽読(たんどく)した釣り文学の古典『釣魚大全』の著者、アイザック・ウォルトンゆかりのダブ川。フライフィッシングの連れは座右の書『フィッシュ・オン』の著者、開高健。
 じつは、釣り三昧(ざんまい)の一カ月の回想を綴(つづ)ったこの短編のなかに、釣り人としての開高健の本質をざぶりと洗いだす一行がある。わずか十三字。しかし誰もけっして書かなかったそらおそろしい一行が、「小説家の開高さん」の深淵(しんえん)をのぞきこませる。
 コピーライターの短編デビュー作。ときおり警句や箴言(しんげん)が織りこまれ、計算ずくの構成に興をそがれるきらいはあるものの、それを嫌みに転ばせないのは、ほのかな含羞(がんしゅう)の気配だろう。
 十編それぞれ、ざらつきのあるほろ苦い余韻がある。よい短編は読みおえたとき、しばらく黙りこみたくなるものだ。
 ところで「骨董屋の善二さん」では、湯島の居酒屋「シンスケ」の主人が燗(かん)をつけるとき、徳利(とっくり)の尻をさりげなく撫(な)でて温度をたしかめる場面が描かれる。
「その手つきは手練(てだれ)の痴漢にも似て自然であり、悩ましい」
 ああもう。わたしもあの所作にはおおいに反応するものだが、当意即妙。「手つき」を「筆致」に置き換えてみれば、あら自著解説の一文になりますね。
 評・平松洋子(エッセイスト)
    *
 フライの雑誌社・1800円/わたなべ・ゆういち 49年生まれ。漁船員などを経て、現在はコピーライター。

関連記事

ページトップへ戻る