書評・最新書評

9・11の標的をつくった男 天才と差別—建築家ミノル・ヤマサキの生涯 [著]飯塚真紀子 

[評者]辻篤子(本社論説委員)

[掲載]2010年10月17日

[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝

表紙画像

■たぐいまれな成功と代償と
 
 テロで破壊されたニューヨークの世界貿易センター(WTC)ビルを設計した日系2世の建築家、ミノル・ヤマサキの知られざる生涯を丹念にたどった力作である。
 米シアトルのスラム街に生まれ、叔父の影響で建築を志した。日系というだけで就職できなかったり、高級住宅地の住宅購入を拒まれたりしつつ、着実にキャリアを重ねていった。
 彼はなぜ、「ピラミッド以来最大の建築」ともいわれたWTCの設計者に選ばれたのか。その建築が感じさせる人間味や、人当たりのよさも評価されたようだが、経験は少なく、尋常ではない選択だった。著名な建築家ではないアウトサイダーであり、またマイノリティーという要素が、世界貿易というビルの性格から、求められたらしい。
 しかし、反発は強かった。
 未知の才能に賭ける度量と、狭量と。標的となったのは、そんな米国だった。
 たぐいまれな成功と、代償の物語でもある。激務によって害した健康もその一つだ。1986年に73歳で死去。15年後を知らずにすんだことは幸いだったかもしれない。
 辻篤子(本社論説委員)
   *
 講談社・1995円

関連記事

ページトップへ戻る