書評・最新書評

38人の沈黙する目撃者 [著]A・M・ローゼンタール

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2011年07月03日

[ジャンル]社会

表紙画像

■無関心の是非を問いかけ

 夜中に、近所で悲鳴が聞こえたら、あなたはどうするだろうか。すぐに警察に通報するか、それともふとんをかぶって、知らぬふりをするか。 1964年3月13日の未明、キティ・ジェノヴィーズという娘が、ニューヨークの自宅アパートの近くで、30分にわたって襲われ続け、殺害された。その間、近隣の住人はキティの悲鳴を聞いたはずだが、だれも助けに出るどころか、警察に通報さえしなかった。沈黙した目撃者の数は38人にものぼった。
 この事件は、自分に関係のないことには関わらない、いわゆるアパシー(無関心)の問題について、多くの論議を呼び起こした。著者は、沈黙した目撃者の数が少なければ許されるのか、あるいは遠くで起こった事件なら、無関心でもいいのかなどと、鋭い問いかけをする。しかし、明確な答えは出てこない。
 小著ながら、東日本大震災に対する国内外の反応が、なんの脈絡もなく思い浮かんできて、惻々(そくそく)とさせられた。
     ◇
田畑暁生訳、青土社・1575円



関連記事

ページトップへ戻る