書評・最新書評

ベリーダンスの官能―ダンサー33人の軌跡と証言 [著]関口義人

[評者]

[掲載]2012年03月25日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

 きらびやかなうすぎぬ。うねる腹。中東・アラブに端を発するベリーダンスは異国情緒と妖しい美しさによって西欧でも人気を博した。国内では1980年代から浸透し、今や愛好者は10万人を超えるとも言われる。本書が取り上げるのはブームの源、海老原美代子に始まり、ファン層を広げたミシャールやニコル、早大理工の修士課程出身という異色の新世代、フーリアら。生い立ち、ダンス観は異なれど、「身体の解放」「女性性の肯定」というフェミニズム的テーマで共鳴し合う。かつて、この踊りは、エジプトでもトルコでも誰かへの性的アピールと結びついていた。けれど、現代では、女性がより自分らしく生きるための身体表現となったのだ。
    ◇
 青土社・1890円

関連記事

ページトップへ戻る