書評・最新書評

弱いロボット [著]岡田美智男 

[評者]川端裕人(作家)

[掲載]2012年09月30日

[ジャンル]医学・福祉

表紙画像

■人の助けを借りて、人をつなぐ

 ロボットと聞くと技術の粋を凝らした人型、ヒューマノイドを想像する。一方、掃除などに特化した実用的な非人型ロボットも普及しつつある。そんな時代に逆行するかのように、単体では何もできない「弱いロボット」を作り、そこから見えるものを追究する。
 自分では動き回れず、話しかけられると非分節音(クレイアニメの「ピングー」語!)を返すロボットは、言語の枠を超えてコミュニケーションを成立させる。ゴミを拾えないゴミ箱ロボットは、時々子どもに蹴られたりしながらも、誰かに助けてもらい目的を果たす。それどころかいつの間にか人気者だ。弱いがゆえに社会性に依存し、結果、最新技術を駆使したロボットよりずっと人の輪に入り込む。
 福祉や教育の場では、その「コミュ力」をいかした実用も想定できる。また、常に他者を必要とするがゆえ、我々人間も他者を必要としているのだと思い出させてくれる。「弱いロボット」から人間を見る眼差(まなざ)しは柔らかく優しい。
     ◇
医学書院・2100円

関連記事

ページトップへ戻る