書評・最新書評

姜尚中 書評委員お薦め「今年の3点」

[評者]今年の3点(書評委員)

[掲載]2012年12月23日

表紙画像

(1)さらば国策産業(安西巧著、日本経済新聞出版社・1680円)
(2)資本主義の「終わりの始まり」(藤原章生著、新潮選書・1365円)
(3)日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土(孫崎享著、ちくま新書・798円)
    ◇
 この一年、目を引いたのは、原発とエネルギー問題、資本主義の未来、そして国境紛争の三つのテーマである。
 (1)は、「電力改革」による「エネルギー戦略転換」がなければ日本の未来はないことを、現在と過去が交錯する地点からジャーナリストの目で的確に明らかにしている。
 また(2)も、ジャーナリストの著者が南欧に駐在した経験を生かし、欧州連合(EU)の「負け組」で起きていることを通して、資本主義の次にくるものを透視する刺激的な好著である。
 最後に(3)は、外務官僚としての豊富なキャリアと経験に基づいて、扇情的なナショナリズムとは一線を画した国境紛争解決の道筋を示していて説得力がある。
    ◇
 姜尚中(私的な面で多難な年だったが、『続・悩む力』(集英社新書)を出し、「二度生まれ」を語り続けた1年だった。)

関連記事

ページトップへ戻る