書評・最新書評

横尾忠則 書評委員お薦め「今年の3点」

[評者]今年の3点(書評委員)

[掲載]2012年12月23日

表紙画像

(1)長寿と性格(H・S・フリードマン/L・R・マーティン著、桜田直美訳、清流出版・1785円)
(2)黒澤明の遺言(都築政昭著、実業之日本社・1785円)
(3)仕事をつくる 私の履歴書(安藤忠雄著、日本経済新聞出版社・2000円)
    ◇
 今年も昨年同様、書評のために読んだ13冊がほぼ全てなので、その中から選ぶことにした。
 (1)健康と長寿のカギを握っているのは性格であると発表した博士の、1500人を対象に80年間追跡観察したデータが基になっている。それによると、最も重要な性格は「勤勉性」だという。慎重、注意力、責任感、礼節、計画性、ねばり強さ、思慮深さ等々が長寿の秘訣(ひけつ)。
 (2)黒澤は難解な映画を作る芸術家肌の持ち主というよりも、「職人」と言われることを本懐とした「天の声」を感得した監督だと著者は言う。
 (3)安藤忠雄は肉体と自前の感性で、持ち前の野性魂で、どこまでも本能に忠実であろうとする行動派建築家。それを余すところなく伝える個人史。
    ◇
 横尾忠則(今年は海外での個展、企画展が8本あった。また神戸に「横尾忠則現代美術館」が開館した。作品集も4冊出版。)

関連記事

ページトップへ戻る