書評・最新書評

鉄条網の歴史―自然・人間・戦争を変貌させた負の大発明 [著]石弘之、石紀美子

[評者]荒俣宏(作家)

[掲載]2013年04月14日

[ジャンル]歴史

表紙画像

■家畜用から新たな環境の囲いへ

 鉄条網は西部劇を終わらせた。その発明者グリッデンが後妻に「花壇が家畜に荒らされるので、何とかして」と頼まれたことから誕生したこの家畜フェンスは、家畜を制御するカウボーイを失職させた。辺境で大牧場を拓(ひら)いた牧場主たちと、後から入植してきた開拓農民も敵対し、農地と家畜を守るのにガンマンと鉄条網を持ちだし、19世紀末にはジョンソン郡戦争のような衝突となる。名作西部劇「シェーン」も、この時代と場所の話である。
 家畜の侵入と脱走を防ぐ鉄条網は、次に人間をも束縛する。戦場や強制収容所では人間が鉄条網に囲い込まれるが、ここから現代の環境問題へ飛躍するのが本書の目論見(もくろみ)だ。鉄条網で人を遮断したチェルノブイリや朝鮮半島の軍事境界線では、逆に自然が復活し動物が異常に殖えだす。立ち入りできなくなった福島原発事故区域も含め、鉄条網が創り出した新たな環境の未来がまだ読めない。鉄条網の内側は深刻さを増している。
     ◇
 洋泉社・2520円

関連記事

ページトップへ戻る