書評・最新書評

アイネクライネな我が回想―音楽留学ドイツ語忘備録 [著]茂木大輔

[評者]

[掲載]2013年06月30日

[ジャンル]文芸 人文

表紙画像

 NHK交響楽団首席オーボエ奏者でエッセイストの著者が、ドイツ語ができないまま1981年にミュンヘン音大に留学し、その後ドイツのオーケストラなどで演奏していた時代の、語学習得をめぐるエッセー。レッスン当初は、ほめられているのかどうか、先生の雰囲気や声の調子や指先や目つきで判断していて〈犬と人間の関係〉によく似ていたこと、留学2年目にテレビを買ったものの全く理解できずあせったこと、留学3年目に車の免許取得で、教習コースがなくいきなりアウトバーンに出て驚いたことなど、42のドイツ語をもとにユーモアを交えて楽しくつづる。特にベルリンの壁崩壊時のベルリン・フィルの無料演奏会についてつづった章は心に残る。
    ◇
 幻戯書房・2310円

関連記事

ページトップへ戻る