書評・最新書評

三浦しをん 書評委員が選ぶ「今年の3点」

[評者]今年の3点(書評委員)

[掲載]2014年12月28日

表紙画像

 (1)子供はわかってあげない 上・下(田島列島作、講談社・各680円)
 (2)クラシックCDの名盤 大作曲家篇(宇野功芳、中野雄、福島章恭著、文春新書・918円)
 (3)魔法少女 俺 上・下(毛魂一直線作、ふゅーじょんぷろだくと・各734円)
    ◇
 (1)は漫画。ほのぼの青春恋愛物のように見えて、そこはかとない不穏さと言語センスが光る。「日常」とは、こんなにもきらめきと緊張感をはらんだものだったのか!
 (2)は、音楽好きならずとも楽しめる。作曲家ごとに名曲、名盤を挙げるのだが、著者三人の見解が相違し、紙上バトルも勃発。音楽を愛するとは、こんなにも熱く険しい道なのかと、(笑いすぎて)にじんだ涙を拭わずにはいられぬ。
 (3)は、かわいいアイドルが魔法少女(しかしムキムキの男)に変身して悪と戦う、というギャグ漫画。どうかしている(いい意味で)。同じ作者の『そんな目で見てくれ』(東京漫画社)はBL漫画だが、こちらもぶっ飛んだギャグが炸裂(さくれつ)。いずれも腹の皮がよじれた。
    ◇
三浦しをん 少々体調を崩し、朝型の生活に変えようと試みるも、一週間で断念。来年こそは勤勉になりたい。

関連記事

ページトップへ戻る