書評・最新書評

新しい音楽とことば [編]磯部涼

[評者]

[掲載]2015年03月29日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 電気グルーヴの石野卓球やアジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤正文ら、13人のミュージシャンが歌詞について語り尽くしたインタビュー集。七尾旅人が「言葉を歌っていくことの九割は苦しみ」と吐露すれば、湘南乃風の若旦那は「湘南乃風と俺の歌詞のすべてのルーツは、さだまさしさんなんですよ」とぶっちゃける。
 「翼広げ過ぎ」「瞳閉じ過ぎ」——。何かと批判を浴びがちなJポップ歌詞だが、編者の磯部涼は、歌詞がつまらなくなったのではなく社会のリアリティーが変容したのだと説く。「Jポップなんて」と十把一絡げに断じる前に、本書に込められたアーティストたちの言霊に触れてみてほしい。
    ◇
 スペースシャワーブックス・2484円

関連記事

ページトップへ戻る